回答受付が終了しました

在来線の特急には需要がないですか?完全に新幹線に移行しましたか?

回答(11件)

1

在来線特急が今後も残るのは、新幹線もその他の交通網(道路、飛行機)も発達していないエリアの中距離~長距離輸送、に限定されるんじゃないかと思います。 東京~大阪は新幹線だけでなく飛行機も競合となっているので、東海道沿線での客移動の需要を拾えるのが鉄道の強みとなりますが、既にその役割は新幹線が担っていると言えるかと思います。 サンライズも、飛行機の始発・終着の隙間を利用して優位性があるので存在している、というのも理由の一つなので、自分も含めてマニアが魅力を感じるような、在来線特急での昼間の長距離移動、というのは、競合他社がひしめくエリアでは難しいと思います。

1人がナイス!しています

0

大まかなトレンド(推測)ですが 奥羽本線、羽越本線は 三軌条か標準軌へ 改軌、線形改良して 東日本~北海道を通しで 周遊ミニ新幹線、貨物新幹線主体の運用になるでしょう。 往復のどちらかは 東北・北海道新幹線を使って 周遊旅行スケジュールの変化を持たせるでしょう。 狭軌在来線は 基本的にどんどん三セク化や BRT化 廃線されて行きます。

奥羽本線、羽越本線で  標準軌化成功先行事例が進むと 全国へも波及してゆくのでしょうが スローテンポでしょう。 要は 改修投資に見合う増収が実現されないと 改軌改修は 進まない。 他方 三セク化、BRT化はどんどん進みます。 輸送収益が見込めないところは オンボロ狭軌は 廃線化が進みます。 鉄道は 本質的に高コストの輸送手段ですから 仕方が無いですね。 自動車、飛行機へ どんどんシフトします。 北海道内も ATRのターボプロップ機が 大活躍します。

2

山陰本線とか日豊本線のように新幹線からかけはなれてる所では特急列車が生き残ります

2人がナイス!しています

2

毎年大阪旅行していますがのんびり行きたくて中央線塩尻回りや東海道昼特急や横浜昼特急大阪号で行くことがあります。 東海道線に在来線特急があったら使うのになぁと思っていました。 一部にはそういう需要もあると思いますが、残念ながらJR東海がわざわざ競合する特急を設定して減収になるような事をするわけが無いでしょうね。

2人がナイス!しています

2

完全に新幹線に移行したと言っていいでしょう。新幹線の代替は在来線特急では務まらないということです。 高速バスは非常に時間がかかりますが,諸般の事情で非常に安価な運賃で運行されているため,時間がかかっても安く行きたいという人のために一定の需要があります。在来線で特急列車を運行しても「新幹線より圧倒的に時間がかかるのに新幹線よりさして安くならない」という商品となってしまい,誰からも相手にされないと思います。 ですから,在来線の東海道線直通列車を,高速バス並みの運賃で提供すれば,一定の需要は見込めると思います。でも,そのレベルの運賃収入では,在来線列車はペイしない(別の列車を運行したほうが商品として旨味がある)し,そもそも高い収入を見込める新幹線の利用者を奪って自社の安価な商品を提供する理由もないので,そういった列車は運行されないのでしょう。

2人がナイス!しています