ID非公開

2021/6/16 9:35

33回答

Aは、Bから、甲土地を買い受ける契約をした。ところが、Bは、甲土地の一部をCに二重譲渡したうえ、BからCへの所有権移転登記を行った。

法律相談 | 土地50閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

①、Bの甲土地をAへ土地売買契約が成立である。故に、例え甲土地 をCへ転売して地積が不足でもBには関係ないAとCの間の問題です。 但し、AとBの間での契約書や契約約款と関連法の違法性の次第です。 BはAとの問題以外は、すべてを拒否することが面倒責任の回避です。 ②、ややっこしい問題とする質問だが、強く要求かの責任は①との問 題の責任の次第です。基本に基づきAとB間で契約の履行とAが自己に 名義変更の登記が正しい。尚、変速的な中抜き登記は税金の違法逃れ。 AはDとの問題であり、順序と責任を取り違えBに責任転換は駄目です。

0

居住権によりほとんど不可能。 建物には法定地上権が生じている