ID非公開

2021/6/16 16:05

99回答

マムシ、ヤマカガシに咬まれたら

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(8件)

0

楽には死ねません。 ヤマカガシの毒について捕捉します。 「ヒキガエルのいない地域のヤマカガシには毒がない」という回答者がおられますが、それは誤りです。噛まれて入る毒は、地域に関わらず持っています。 ヤマカガシは2系統の毒腺を持っていて、一つは奥歯の根元に開口しているデュベルノイ腺、もう一つは首の背中側の皮下にある頸腺です。 頸腺毒は餌のヒキガエルの毒に由来するので地域差があり得ますが、デュベルノイ腺毒は自分で作る毒なので、皆持っています。 有毒であるヤマカガシに無毒のものがいるというような誤情報は危険なので、ここで補足させていただきました。 ご質問への回答以外が長々となり、失礼いたしました。

なお、血液凝固が阻害されるのが噛まれて入るデュベルノイ腺毒です。 ヒキガエルに由来する頸腺毒は、眼に入ると結膜炎を起こすなどの害があります。

0

マムシはたんぱく毒なので、噛まれたところを中心に腐っていきます。すごく痛いと思います。毒が血にのって流れた先も腐るので、体のあちこちも痛いでしょうね。生きるのに必要なところが腐れば死にますけど、それまではだいぶ苦しむでしょうね。 ヤマカガシは出血毒です。血が固まらず、柔らかい所から出血します。口の中とか陰部とか、目や鼻からも出血するでしょうね。きっと痛いと思います。そして、死ぬときはたいてい脳出血を起こすときです。クモ膜下出血がとてつもなく痛いのはよく知られていることです。

0

マムシはともかく、ヤマガカシの前歯には毒が無いです。 ヤマガカシの場合、奥歯でかまれないと、死なないです。 ですが、破傷風の感染リスクは有りますね。