VBAの課題が出たのですが僕には理解出来ませんでした。どなたか解答を教えてくださる方はいませんか?

画像

Visual Basic | Excel199閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ご丁寧にありがとうございます。shuさんのプログラムを参考にさせて頂きます。 dim i as integer, test(5) as integer, num as integer num = 0 for i = 1 to 5 test(i) = i + 1 inputbox ("配列への値を入力してください") num num + test(i) next i msgbox "合計は" & num end 申し訳ないのですが、このプログラムで直すべき箇所を教えて頂きたいのですが可能でしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

本当にありがとうございました

お礼日時:6/17 16:05

その他の回答(3件)

1

VBAを学ぶのであれば回答を直接聞くのはお勧めできません。 なぜならどんなに聞いても理解できるものじゃないから。 車の運転と同じで実際に操作する中で体得できるんです。 そういう意味で個別に実際に動かしながら理解しないと なぜそうなるかが見えてきません。 例えば要素数5の配列ってところ、ここは実際に何か 配列を宣言して動作させたことはありますか? 配列の概念自体僕自身も、何度も繰り返しケースを 変化させながら確認しないとなかなか最初は 理解できませんでした。 目的が理解なら答えを聞くとそこで止まっちゃうから 理解が阻害されると思うんです。 答えがあってようが違っていようが、理解するところまで いろいろ試すのが、急がば回れ的な事になると思います。 一番のコツは見えていないものを確認すること。 ステップ実行をしながら、配列の中身をチェックする 方法を知っておくことです。 例えば dim data(4) as long を宣言しているとしたらイミディエイトウィンドウに FOR I=0 TO 4:? data(I),:NEXT と打つことでその5個の配列の中身が 動作中のどの時点でも確認できます。 動かしながら見えていないものの中身をチェックしないと、 気づきにくいことがあります。 どういう風に変化するのか実際に確認する事で 話だけの場合と比べて、実体験として記憶に残りやすい メカニズムがそこにはあるんです。 自ら動かしながらチェックする事で ついていけるようになることを願います。

1人がナイス!しています

長文でわざわざありがとうございます。私の場合、講義中に教授と練習問題を解く時は理解出来ているのですが、いざ課題とかで一人で解くってなると全然わからなくなってしまうのですがこの場合はどうすれば理解が深まって行きますかね?

0

dim data(5) as variant vsum=0 for i=1 to 5 data(i - 1) = inputbox(i & "番目の数値を入力してください") vsum=vsum+data(i-1) next msgbox "合計は" & vsum とりあえず、合計を出すところまでです。 主さまは、どこまで、できましたか? その添削をしたほうがいいかと。

今から私が自力でやったプログラムを貼ります! dim i as integer, test(5) as integer, num as integer num = 0 for i = 1 to 5 test(i) = i + 1 inputbox ("配列への値を入力してください") num num + test(i) next i msgbox "合計は" & num end 私はこのプログラムで5つの値を入力はできたのですが、合計値が毎回ズレてしまうプログラムができてしまいました。大変見ずらいと思いますが添削などしていただければ幸いです。

1

>これまで学んだことを…… と問題に書いてありますよ。 習ったのでしょう?

1人がナイス!しています