回答受付が終了しました

昭和30年代のレコードの質問ですが。 (シングルレコードの値段が 300円とか330円の時代) (海外ポップスレーベルが370円) 昭和30年代の

邦楽 | 洋楽49閲覧

回答(5件)

0

当方はDTPデザイナー(印刷関係)です。 その当時の事は知りませんが、今でもスーパーマーケットの チラシとか印刷代を安く上げるために2色刷りとかに する場合多いですよ。 今は4色でも30年前と比べてあまり高くないですけど。

0

他の回答者さんの回答の通りです。 カラーと云うだけで値段も特別に高くなりました。 例えば、 映画は昔は白黒映画でした。それが30年代から少しづつカラーになりました。当時は映画の広告ポスターに「総天然色」の文字が記述されていました。 TVは白黒TV]でした。 昭和40年初めあたりからカラーTVが出始めました。大卒初任給の5~6倍の高価なものでした。 写真も白黒でした。ですのでカメラが趣味の人は自宅で自分で現像や印画紙に焼き付けをしていました。カラーになってからはできないので写真屋さんにお願いをするようになりました。 このように「カラー」は全ての面で別格でした。

0

高かったですよ。 家庭用の写真のプリントが普通サイズ白黒で1枚10円だったのが、 カラーだと1枚100円しましたから。 当然ジャケットも相応の値段だったんじゃないですか。

0

印刷の製法が 今と昔が違ったのと 印刷代も昔は高かったから 今は パソコンでデザインして一連の工程を行う DTP印刷といい 昔は いちいち色を指定して 製版を4色(印刷の構成色 赤 青 黄 黒)分作りました 今は この分がありません 工場で 職人さんたちが作業をします 手間賃がかかります それから 刷版をつくり印刷します インクも4色使います それぞれ原価がかかります 色数が少なければ その分安くなります また デザイン上 2色で印刷する時用に特別 意識してデザインをおこす そういうやり方も流行りました ジャズのブルーノートとか 採用してました

1

昔の印刷は一色ごとに違うラインに乗せるので コスト的問題 フルカラーだと3色+黒で高い

1人がナイス!しています