東北新幹線開業前、昭和50年代前半、ブルートレインが最も輝いていた時代 影の薄かったブルートレイン(客車寝台特急限定)

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

このころは、航空券が非常に高く、高速バスも東名名神くらいしかなかったのとビジネスホテルも少なかった時代でしたのででブルトレや夜行急行の需要が多かったのです。

1人がナイス!しています

1

それほど夜行列車に需要がありました。 他に代替交通手段がありませんでしたから。 東北方面で言えば、東北道が盛岡まで延伸したのは昭和55年で、それまでは、今とは比較にならないくらい貧弱で整備も粗末な一般道を走らざるを得ず、自動車での長距離移動は非現実的でした。 そもそも、長距離高速バス、夜行バスは東名阪間にしかありませんでした。 又、通信網のクオリティが極めて低くかつ高額だった時代、会社員の出張頻度は現在より多く、昼間の仕事時間確保のため深夜発、早朝着の夜行列車は重宝されていました。 寝台列車衰退の一因は、主要顧客だったサラリーマンが夜行から新幹線に乗り換えた事も大きかったそうです。

1人がナイス!しています

1

新幹線が無かったころの目的都市への需要がそれなりにあったということです。 なおこのほかもっと距離の短い新星(上野〜仙台)もありました。

1人がナイス!しています

1

つるぎが誕生した時期は、上越新幹線は未開業で、北陸本線経由は昼行では時間がかかりすぎるので、新潟~大阪間の夜行列車の需要はそれなりにあった。 上越新幹線開業により鉄道での最速ルートは東京経由の新幹線乗り継ぎになり、さらに新潟~大阪間の飛行機も増便され、北陸自動車道の全通により新潟~大阪間の夜行バスも運行されるようになった。加えて寝台列車としては走行距離が短いために、所要時間もきたぐにと比較してもさほど短くなかったので、料金の高いつるぎの利用者は減少し、末期は最盛期の半分近くまで減車された後、結局1994年に廃止となった。

1人がナイス!しています

1

北星ですが、はくつるとゆうづるの早いほうの3本は6時過ぎぐらいに青森着なので、盛岡通過か早すぎました。 その後ちょうどいい時刻に着くように設定されたのが北星です。 日本海は新潟を無視した時間帯で走っていましたので、大阪ー新潟で設定された列車です。

1人がナイス!しています