バイクについてです。

バイク149閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

コメントありがとうございます! 他のみなさんの意見も参考になりましたが、心のどこかでは結婚当初からバイクが好きということは知っていたものあり少なからず叶えてあげたいと言う気持ちもあり、購入することにしました。 黒ラベルさんの意見を参考にさせてもらい、条件約束をした了解の上での購入です。これからは安全運転で事故がないように家庭と子供のこともしっかり頭に入れてバイクを楽しんでもらえたらと思います

お礼日時:6/24 0:34

その他の回答(20件)

1

バイク屋してます。 20代の夫婦で来店されるお客様もバイク需要が増えて多くなりました。 第一は生活優先ですが、決してバイクは悪いものではありません。 旦那様が欲しがっているバイクにもよりますが、現在バイクの価格が非常に高騰しております。理由は複数ありますが、需要と供給が一番の理由です。 新車でもプレミア価格ということはありますが特に中古車がプレミア価格と騒がれております。しかしながら中古車の場合、これは一時的なプレミア価格ではありません。 今では排気ガスや安全規制により製造できないような車両が特に高騰しているようです。 作れるのであれば新車を買えば良いのです。 新車価格以上を出してまで古いバイクにこだわる理由はここにあります。 金銭的な理由でバイクを買わないと言っているのででしたらそれは間違いなく後悔することになると思います。 一刻も早く購入しましょう。 バイク買わなくともどうせお金は使います。 飲み、ギャンブル、財産としての価値は残りません。自動車とは違いバイクの場合カスタム、修理に使ったお金まで価値として残る時代です。 安全面は旦那様にきちんと話して無茶な運転はしないこと約束しましょう! 普通に生きていても不意な事故はあります。 きちんと考えて乗ればバイク=危ないにはなりません。

1人がナイス!しています

1

バイク乗りの50代です。妻帯者が趣味の物をローンで買うとか意味わからねーですわ。これから子供が生まれるのにそんなこと言ってるの?もうね、離婚して養育費貰ったほうがいいよ。 バイク購入の話をお互いの両親の前で話させたほうが良いですよ。 あなたの両親は俺と同じ事言うと思う。

1人がナイス!しています

2

んータイミングは悪いですよね。 子供が産まれてばたつくから後にして欲しいと頼むか、それを旦那さんが承諾するのか。 ご夫婦の問題なのでわかりかねますが、やっぱり今買うべきじゃないことはわかりますね笑 ただね、旦那さんの趣味は尊重してあげて欲しいので、ある程度は許してあげてください。 転倒の際は怪我がつきものの乗り物ですが格闘技とかやってる方がよっぽど怪我の頻度高いですし。 事故は運と安全に走ろうとする意識ですからね。 もし購入を許すにしても、絶対に無理をせず私と子供を残したりしないでと言ってみると案外旦那さん的にも考えさせられるところがあると思いますよ。 なんとか理解を示そうとしてる奥さんは偉いと思います。凄いです。

2人がナイス!しています

1

ご主人は普段、車を運転されますか?もし運転されるのでしたら奥様から見て安全運転だと思いますか? ご主人がバイクに乗った場合、そこからどんな運転をしそうか判断つきますか? まずはそこを考えてみてください。 もらい事故も考えられますが、事故は危険予知など「考えて運転する」ことでかなり減らせます。もしそれができなさそうならバイクは止めておいたほうがいいです。 次にバイクの車種はわかりますか?生産終了にも理由があり、不人気での中止と排ガス規制に対応できず惜しまれての中止では結果も変わります。そもそも値上がりしないかも知れない。そのあたりは車種名を聞いての判断になるのではと思います。 それと、趣味のもののローンはオススメしません。もし廃車になってローンだけ残ったら泣けるでしょう。せめて車両保険は付けるとか。もちろんお金はかかりますけど。あと、最初のバイクを新車で買ったはいいが、一度立ちゴケして傷がついたら急にバイク熱が覚めた、なんてこともあります。覚めた趣味ものにローンを払い続けるのは苦痛以外の何ものでもないです。そのあたりはご主人のバイクに対する熱意次第です。 最後に、もし乗るならプロテクターは必ず着けてもらいましょう。バイクウェアメーカーのものなら大体着いていますが、もし普段着で乗ろうというなら父親になるという意識が薄過ぎです。そこはマストの条件にすべきだと思います。

1人がナイス!しています

1

50代後半です。子育て終了、家のローンも終了しています。27歳で3歳年下の家内と結婚しました。 まず家以外にローンを組んだことがありません。結婚して最初に買った大きな買い物は、車ですが、結婚して1年後に共稼ぎで貯めたお金で新車を購入しました。家は最初中古マンションを30過ぎで購入し、40代で新築一戸建てに住み替えました。バイクは原付に学生時代から乗っており、本当は中型バイクに乗り換えたかったのですが我慢し、免許を取ったのが40になってで、バイクを乗り換える貯金も貯めていましたが、家を買い換えてしまったので、いざという時の手持ち資金として使いませんでした。一方で、家のローンの前倒し返済に努め、50になってローン返済を終えてしまいました。子供も大学を出たので、ようやくバイクを買っても大丈夫と思い、バイクを買いました。車もお気に入りの新車を長く乗る主義を貫き、1台目は12年、2台目は現在も乗ってるところで18年です。毎週洗車し、きちんとメンテも怠りなく行っています。 大きな買い物は、夫婦で話し合って決めていますが、自分より家内の方が経済観念に優れているので、家計管理は家内が取り仕切っています。それで正解だったと思っています。 人生は、色々なトラブルがあるので、万が一に備えて、ギリギリの家計は組みません。かなり余裕を持たせるため、優先順位を決め、贅沢は抑えます。(と言っても、多少の贅沢はしています) 老後は、年金だけではやっていけません。持ち家を持っていて、家のローンも終えた上に、退職金も入れて最低でも2千万円以上貯蓄がないと、苦しいと言われていますが、それは本当です。親の老後を見ていて、実感しました。 そんな先まで見通せないと思いますが、マイホームを購入する時に、退職金に手をつけず、50代半ばでローンを終えることができる、無理ないローン計画を組めるか否かが、近い将来、あなた方夫婦が直面する、最初の審判になります。それが可能なのは、今からマイホームの頭金を極力貯めておくことです。 旦那様に言って下さい。結婚する時に、家族を絶対に守り抜くと誓ったのでは?どんな時でも。病気、怪我、職場での悩みからの精神疾患、退職、安定しない仕事...人生には楽しいことばかりでなく、いくつもの試練がありますよ。その時に頼りになるのは、家族の絆と貯金という備えです。オートバイという娯楽が、それを破壊しないことをお祈り致します。今は、その時期じゃないですね。あくまでも余裕ができてから。

1人がナイス!しています