生活保護の申請時にシャガールの絵画を持っていることを申告することは必要ですか?

その他の回答(3件)

0

「一応は住んでる市区町村の役所や役場、生活保護担当課側の担当の職員さんが室内を見て、該当の絵画に気付いた場合、質問あれば、回答した方が良い。 所有する事自体は、一応は問題が無い」と、言う事だそうです。 これは「市区町村の役所や役場、生活保護担当課でも、例えば「有名な画家の絵画あれば、何でも財産になるので売却して、その売却代金で生活すべき」的な認識ある等、美術関係が比較的弱くて、勘違いしてる職員さんが、担当者の場合あるから」と、言う事だそうです。 それで、念の為に実際。 「当該の絵画は、有名な画家の作品でも、手元の現物は印刷により製作した複製なので、資産価値が無い絵画である」的な内容で、鑑定書に相当する証明書を、美術商等の販売した専門店から発行して貰う受給者も、市区町村に関係無く全国で複数は居ると、言う事だそうです。