第二次の時、もしノルマンディーが取られなかったら、ドイツは負けていなかったのでしょうか?

世界史 | 歴史30閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

1941年、屈さないイギリスとの戦いを打開する目的と、そもそもソ連へ攻め込む目的があったことと、これ以上時間が経過するとソ連を倒せなくなるという思いから対ソ戦を始めましたが、ロシアの広大さから電撃戦ではうまくいかず、冬に阻まれてしまいました。 で、43年には連合軍はとっくに勝利を確信する状態であり、44年にノルマンディ上陸が決行されようがされまいが、ドイツはもうダメです。 日本の場合はただドイツの勝利をたのんでアジアで孤立した狂気の戦争をやりましたが、ドイツは綿密な計画のもとに軍備を増強するなどしており、勝機はゼロではありません。戦争後半は総統の判断がドイツを破滅に追いやって行ったというのは部分的に正しい。

0

いえ、あの時点で、東部戦線はもはや崩壊状態であった。西からの波が迫らなくても、東からのソ連の波に呑まれていたことはもはや避けられないところ。下手をすればヨーロッパ全域が社会主義圏になってしまっていたかもしれない。 ドイツ全土がソ連圏。こりゃ悪夢だね。

0

いや? ソ連がそのままやってきただけ 勝算は無い アメリカが参戦してる時点で どうにもならん