ここから本文です

アトピーで脱ステをして2ヶ月です。

la_fragrant_oliveさん

2009/3/2418:30:02

アトピーで脱ステをして2ヶ月です。

アトピーでステロイドを絶って2ヶ月が過ぎようとしています。
脱ステ後、一週間後が一番酷く、
真っ赤になってぼろぼろと皮がむける状態でした。
その後は一進一退で少しずつ良くなってきているようでしたが、
今日になって突然、首の後ろから、黄色い液があふれてきて・・・・
ショックです。気持ち悪いです。
これまではいくら掻いても液まではでなかったので、
どうしたらよいのか分かりません。
この液はどうしたらよいのでしょうか?

病院の指導の下、漢方薬も飲んでおり、
10日ほど前に消風散から白虎加人参湯の煎じ薬に変わりました。
先生に聞いても「寝ている間に掻かれたんだと思います。」
と言われるのですが、
漢方が合っていないのかと不安です。。

食べ物は5日前にチョコなどたくさん食べてしまい、
その後2・3日は悪化しましたが、また快方に向かっているところでしたので、
食べ物の影響ではないと思うのですが・・・

先輩方、どうぞお力添えお願いいたします。

閲覧数:
24,649
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

川井 太郎さんの写真

専門家

編集あり2009/3/2519:31:27

はじめまして、川井筋系帯療法治療センター総院長の川井太郎と申します。

脱ステロイドをはじめたということで辛くまた不安な様子お察しします。

ステロイド剤は、人工副腎皮質ホルモンですから過剰使用または長期間すると、副腎皮質ホルモン過剰状態とそれを抑制するためネガティブフィードバック(抑制的反作用)が起こります。

具体的に一般的によく見られる副作用症状を挙げてみました。

皮膚の萎縮
乾皮症ないし魚鱗癬様変化
毛細血管拡張
色素異常沈着
酒さ様皮膚炎(赤ら顔)
むくみ(特に顔)
倦怠感
うつ症状(気力低下、イライラなど情緒不安定など)
低血糖症状

また、ステロイド剤は元々免疫抑制剤ですから、ヘルペスなどの感染症の誘発および増悪も起こりやすくなります。

このようなステロイド剤の過剰使用による影響を排除していくためには、ステロイド剤を少しずつ減量していくか、あるいは、中止する必要があります。

ステロイド剤や保湿剤、ワセリンなどの外用剤を、多く、または、長い期間、または、効能の強い薬剤(特にステロイド剤)を使っていた方は、中止後1~2週ぐらいから皮膚の新陳代謝の過程が異常に激しくなる場合があります。(いわゆるリバウンド現象)

具体的には、皮膚が赤く腫れ上がって激しく皮がむけたり、あるいは、皮膚が分厚くなって突っ張り、シワになる部分が切れて血が出たり、滲出液(薄い黄色い液)が出たりします。 また、実際の気温と皮膚感覚温度に狂いが生じ、皮膚は熱を帯び汗もかいているのに、強い寒気を感じることもあります。

このような状態が少し治まっては再び激しくなるということをしばらくの期間(1~2ヶ月から数ヶ月)繰り返します。そして、体調管理がしっかりしていればゆっくりとリバウンド状態は治まってきます。

この滲出液(薄い黄色い液)は、薬剤使用によって皮膚が薄くなっているために一時的に細胞組織液(血液中の液体栄養成分)がにじみ出てきたものです。この滲出液には血液凝固成分のフィブリンなどが含まれており、空気にさらされることで固まって薄い保護膜を作ります。そして、その下で皮膚細胞の再生(新陳代謝)が行なわれていきます。ただ、血管自体は傷つけられていないので血小板が付着せず、硬い「かさぶた」ではありません(特に熱に弱い)。

したがって、本来はこの滲出液はあまり拭き取らず空気にさらして固めてしまった方が皮膚の再生は早くなります。ただ、滲出液の量があまりに多いと固まりにくくなりますのでその場合には、多少拭き取った方がよいでしょう。

また、滲出液の出る範囲が広い場合には、雑菌が感染しやすく固まりにくいこともあります。この場合には消毒をする必要があります。

脱ステロイドで大切なことは、体質改善も同時にしっかりと行なっていくことです。

もともとアトピーは「体質的要因」によって起こってくるものです。

「体質的要因」とは簡潔に言うと、体の機能が適切に発揮できていない状態です。

それは、栄養バランスの欠如、疲労、睡眠不足、精神的ストレス、身体的ストレスなどが大きく影響していて、実は「身体のゆがみ」も身体的ストレスの大きな要因になっています。

このような体調管理をしっかりして体質改善を同時に行い、皮膚細胞の再生(新陳代謝)を促していくことが重要になります。

コラム:アトピー克服の鍵は、ズバリ体質改善!
http://profile.allabout.co.jp/pf/kawaikinkeitai/column/detail/40825


ただ、あまりにもリバウンド症状が激しく、あるいは広範囲にわたる場合には、一時的に保湿剤やワセリン、弱めのステロイド剤を部分的に使用するのも「アリ」だと思います。脱ステロイドにくじけてドロップアウトしてしまっては何の意味もありませんから。

そして、激しい時が過ぎたら再び脱ステロイド、脱保湿をしていけばいいんです。

大変なときだと思いますが、がんばってくださいね。

健康で元気な日々を取り戻せますように。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

川井 太郎さんの写真

川井 太郎

あん摩マッサージ指圧師

身体の歪みを改善してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

肩こりや腰痛、便秘、更年期障害、アトピーなどの諸症状を独自の身体分析法と手技施術で改善へ導きます。35年の歴史がある独自の整体「川井筋系帯療法」は、東京、横浜、船橋、大宮、名古屋、札幌でこれまでに約5万人以上の施術実績があります。【「All About プロフ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2009/3/2419:15:51

どこか病院にかかられていますか?

漢方は難しいと思いますが。。。逆にひどくなった方、お金もうけの漢方医など沢山います。
玄米+青汁の少食療法お勧めです。
甲田光雄、西式などで検索してください。

muumo1518さん

編集あり2009/3/2418:46:41

私も脱ステでほぼ克服しました。
今ではたまに少しブツブツが出る時があるくらい…。
私の場合は黄色い汁は出ませんでしたが、周りで脱ステしてた人達は出てました。
腫れて、汁が出て、カサブタみたいになって、それが剥けて、少しずつよくなっていきます。
その繰り返しですが、少しずつそのリバウンド症状がやわらいでいきます。
ですが何年もかかります。

漢方もいいと思いますが、漢方も薬ですから副作用があります。
長い期間服用するので、日本の薬品よりもひどい副作用がある場合もあるそうです。
よく調べてお使いになるといいと思います。

私は、薬を一切使いたくなかったと言うか、薬は信用できなくなったので薬を使わずに水飲みと半身浴で根気強く治しました(^_^;)
でも、漢方も大丈夫なものもあると思いますよ☆頑張って下さい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。