ID非公開

2021/6/21 4:49

55回答

映画「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」の硫黄島二部作で、クリント・イーストウッド監督が伝えたかったのは「戦争は勝者と敗者、両方に深い傷を残す。」ですか?

外国映画 | 世界史37閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

監督はインタビューに答えて 「戦争の虚しさを描いた映画でありそこには勝者も敗者もない。日米双方の失われた命に捧げる作品です」 と語っていますから、大意は捉えています。 また「黒人兵が一人も登場しない」とスパイク・リー監督が噛み付いた事にはひどく腹を立てています。 ハリウッドでますます猛威を振るう、人種多様性プロジェクトですが、ダーティー・ハリーはお気に召さないのでしょう。

0

ID非公開

2021/6/21 6:47

ニッポン最悪、それを征伐した米帝大正義