ID非公開

2021/6/21 23:14

66回答

年末調整で別居の母を扶養に入れました。

税金 | 社会保険147閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/6/22 6:32

なるほど。 健保のほうは発行した当初は同居で、その後別居した時も、特に提出は求められませんでした。本来は必要であれば別居したときに提出するよう言われるんでしょうか。 税の扶養のほうは割と簡単にできるということですね。ということは生計を一にしていなくても大きな声で言わないだけでこっそり扶養している方も多そうですよね…

その他の回答(5件)

0

私も、別居の親を税務上の扶養にしてますが、 仕送りの証明を求められたことはありません。 求められたら、銀行の口座の出金で証明できるようにしてます。 > 現金で渡しているので、証明できるものが無い場合は > 扶養取り消し&税金の差額徴収などされるんでしょうか。 税務上はないでしょう。 社会保険の扶養ならあり得ます。 下記は、国税庁の見解です。 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm この中の、コピペ 別居している者を扶養控除の対象とするためには、 常に生活費、療養費等の送金が行われているなど「生計を一」にしていることが必要となります。 法令上、源泉徴収義務者に対してこれを証明する書類等を提出することまで必要とされているわけではありませんが、 正しい扶養控除の計算を行うためには、銀行振込や現金書留により送金している事実を振込票や書留の写しなどの提示を受け確認することをお勧めします。

ID非公開

質問者2021/6/22 22:06

回答ありがとうございます。 やはり証明はできるようにしておいた方が良さそうですね。

0

1.年末調整又は確定申告では??? お母様を別居の控除対象扶養親族として申告しても、送金証明書の添付を求められることはありません。 2.健康保険の被扶養者では??? お母様を被扶養者として申請し、健康保険被保険者証・家族(被扶養者)を取得している場合は、毎年、資格継続審査がありますので、お母様の収入を証明する公的証明書や送金証明書を添付する必要があります。お母様が59才未満ならば、質問者の年収の1/2未満、該当者の年収130万円未満が条件です。60才以上ならば、質問者の年収の1/2未満、該当者の年収180万円未満が条件です。以上、ご参考まで

ID非公開

質問者2021/6/22 22:05

詳しくありがとうございます。 参考にさせていただきます。

0

まず、申告制で申告するとき、一緒に出さないといけないということはないです。出せるという前提で、申告しているからです。 で、そうすると、不正に出す人がいるので、抽出で、生贄をだして、証明出してねになります。扶養にかぎらずね。 税務署からですけどね。 証明がなくていいという話はありません。

なぜなら、正しくあなたが申告してなかったら、それは、脱税となるのが、申告制でだからですよ

0

税金と 健康保険の扶養はちがっていて 税は、必須の書類ではありませんが 健康保険の扶養は 必須になりますね。 税だけ扶養にしたのでは?

ID非公開

質問者2021/6/22 22:03

ありがとうございます。 健康保険も扶養にしています。 特に確認がない会社もあるんですね。

0

その様な証明は不要です。 必要なのは海外扶養親族の場合だけです。

ID非公開

質問者2021/6/21 23:42

ありがとうございます。 本来は不要でも、しっかりした会社は確認しているって感じなのでしょうかね… そうしないとみんな別居の親など扶養に入れちゃいますもんね。