作曲したいのですが、メロディを作るときに、どうしてももとからある曲ばかりが頭に浮かび、メロディが思い浮かびません。作曲のときのコツを教えて下さい。

作詞、作曲56閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

似てると思うなら似なくなるまで変えていく、ってのが普通の考え方だと思います。 その変え方が分からなくて悩むのは知識不足だから仕方ないとしても、ちょっと似たくらいで「最後まで作り上げること」を諦めるの勿体ないですね。 なんでかって、自分自身が作って自分自身で心から好きと思える曲は自分にとって耳馴染みがいいもんなんですよ。 そこを無理に変えても、作曲がつまらなくなるだけです。 で、その辺りを克服した人の中に、多くの人にとって親しみ深い楽曲を作る人が現れるんです。

1

ならば1度その浮かんでくる元からあるようなメロディーと思っても止めずに最後までフルに繋げてそのまま作りきってみてください。盗作並みに同じだと感じてもいいのでとにかく作りきって完成させてみてください。するとまた新しい感情が芽生えてくると思います。その時また考えるもよしここに戻って再び質問するのもとよしと思います。あえていうならそうやって興味が湧いたら似ようが似まいがどんどん作っていくことが上手くなるためのコツだと思います。そうやって何度も作っていくとだんだんわかることや見えることも出てくるし調べたり考えたりもしますからそのうちオリジナルのメロディーも出し方も見えてくると思います。やり方は人それぞれですがとにかく楽しむことが肝要。 小学生と同じです。 小学生はプロ並みにうまくなくても上手いプロをテレビでみて次の日学校で見よう見まねで真似して下手くそな歌を歌ったりプロレスの技をかけたり野球選手の真似をして盛り上がるでしょう? 始めはみんなそこからですから。 なんどもやってうまくなるのです。

1人がナイス!しています

0

仕入れの量・質ともに少なすぎるとそうなります。 仕入れを大幅に増やせば解決します。 曲を聞く量を現在の20倍以上、自分で演奏する量を5倍以上に増やしてください。 これは非常に急いでやるべきことです。

1

そりゃそうよ。 ベートーヴェンの初期作品は、みなハイドンにそっくりで、 批評家たちから「ハイドンの戯画」って、馬鹿にされたのよ。 でも、ベートーヴェンは、めげずに作曲を続けた結果、ついに独自の作風を見出した。 あなたもそうよ。 自分の作風を確立したいなら、とにかく作曲しまくること。 何十年かかるかもしれない。それでもあきらめないこと。 最後まであきらめなかったものが、「作曲家」なのよ。

1人がナイス!しています