新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

帰国時の隔離期間について 今年9月に夫の海外転勤が決まりました。 赴任先はコロナ絶賛蔓延中につき、ほぼロックダウン状態です。

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

※印の内容について追伸ですが、ご主人が日本便に乗れなかった場合、日本で落ち合うためには奥様達も出発を後らせる必要が出てしまいます。その場合に以下のような弊害が出てくるのでご注意ください。 ・奥様達の航空券が変更不可であれば入れ違いになり、現地でもっと困った事態になるが、それを回避するためにご主人が渡航を取りやめる場合、フライト費用が全額は戻らない可能性あり。会社の経費で取ったフライトであれば、搭乗した証である半券が手元に無いため、経費で精算でいないので損した額は全額自腹に。 ・奥様達がご主人が来るまで日本でホテルに泊まる必要が出てくる ・駐在国入国時に日本でのPCR検査の陰性証明が必要であれば、タイミングによっては受けなおしが必要になる(所定フォームの作成時間なども加味する必要があり、場合によっては遅らせた便の搭乗に間に合わない可能性も)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧に、分かりやすく説明頂きありがとうございました!ベストアンサーとさせていただきます!

お礼日時:7/6 22:25

その他の回答(2件)

0

まず、トンボ帰りだとしても戻る赴任先国に入国するためには日本で72時間以内に受けたPCR検査証明書が必要です。 よって一度は入国する必要があります。 そうなるとなにかと思い通りにならないはずですよ。

0

日本で隔離生活必要とみなされます。 なぜならあなたたちがいかに 「日本ではどこにも寄らず、空港で私達と落ち合うだけ」と主張しても旦那さんがコロナを持って居る可能性があり日本に入国することは明らかですから。 そこで一番いいのは旦那さんを迎えに来てもらうことはせず、あなた方家族だけが現地の国へ行くことです。 それでも家族でもすぐに会えるわけではなく、赴任先での隔離期間が過ぎるまで会うこともできないでしょうけど。