ロードバイクを買おうと思っています。

自転車、サイクリング | カスタマイズ212閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(11件)

0

アルミもカーボンも乗ってます。 正直フレーム素材で悩むのは意味の無い事だと思います。 欲しい自転車が有るならそれに乗ることが一番です。 見た目の好みは少しぐらいの性能差なんて簡単に埋められるんです。 例えば気に入った自転車なら長く愛着を持ってこまめにメンテナンスもするでしょうし良い状態も保ち易いですけど、性能ありきで選んだ自転車ならよりよい物が出てきたら直ぐに乗り換えたくなります。 いくら良い自転車でも汚れたチェーンやディレーラーじゃ意味無いです。 ブレーキに関しては予算が許すなら性能的にも将来ホイール等カスタムをするにしてもディスク主流になるでしょう。これはディスク不要派がいくら不要論を言ったところで変わりません。 カチッとしたタッチと指一本でコントロールできるディスクはやっぱり精神的にも余裕がでます。 一度使うとリムブレーキだと不安になるレベルです。

0

初心者が選ぶフレーム素材としては予算に応じてアルミかカーボンのどちらかが主流です。敢えてクロモリを選ぶ人は懐古趣味的か何らかの意図があっての事だと思います。あとカーボンと言ってもプロユースの硬いものではなくいわゆるエントリーカーボンと呼ばれている比較的コンフォート性を重視したものになります。そこまで軽量ではありませんが硬さとしなりのバランスが良いです。 ブレーキに関してはディスクブレーキが主流になりつつありますが、今でもキャリパー(リム)ブレーキもでるは安価な物から高額モデルまで販売されています。雨の日乗るなら絶対ディスクブレーキですが、それ以外の理由だとイマイチ決定打に欠けるような気がします。新しもの好きならディスクブレーキでも良いと思う。メンテナンスのしやすさやシンプルな構造の軽さなどは今でもキャリパーブレーキに分がある。

0

買える懐があって、その欲しいモノがあるのなら買わない手はありません。 初心者だからハイエンドはダメとかありませんし、欲しいロードバイクを買えばよいのです。 ただ、買った後でメンテナンスを怠ったり間違ったメンテナンスをすれば不調になりますが、それは自己責任ですから。 ロードバイクは、今度一層ディスクブレーキ化が進むと思いますよ。 リムブレーキよりは、圧倒的に制動力は高いです。 欲しいモデルがリムブレーキしかないとかなら別ですが。

0

「某自転車屋さんでバイトをしている」のに、そのような事をここで質問しないと解決できないのは、その自転車屋って… 今回の質問では店名は伏せているから影響ないにしても、もう少し自分の置かれている立場と発言内容を考えた方がいいですよ。 バイトだから、と気軽に考えていると、いつかどこかでバイトテロやらかしてしまいますよ。 で、回答に戻るとリムかディスクかですが、基本的にはディスクがおすすめです。ただ、リムモデルしかないとか既にほしいモデルが決まっているなら、その限りではありません。欲しい色がないのと同じであきらめるだけです。 カーボンかアルミか。 初心者だから壊しやすいとかこけやすいとか、単なる思い込みです。 カーボンフレームの乗れなくなるような破損は、乗り込めるようになって、レースやダウンヒルとかで高速で転倒したり集団で落車した場合がほとんどです。 初心者のころは、駐輪するときに壁でこすったとか立ちごけしたとかで、塗装に傷がつく程度。 そんなのはアルミでも一緒です。 高いフレームのほうが傷つけた時のショックが大きいけど、それだけです。 初心者がコスパを考えるについて、そもそもパフォーマンスとは何ぞや? 単に価格だけを考えるなら、ロードバイクなんてやめましょう。 ロードバイクに対してママチャリにはない何かを求めているから、あえて選んでいるんですよね。 それをよく考えてみてください。

2

むしろディスクブレーキなんかロードに必要ないでしょう。 レーサーレプリカ全盛期の30年くらい前のオートバイは250ccでもフロントはダブルディスクが当たり前でした。 自転車じゃ到底不可能なスピード領域からの全輪フルロックとか経験してます。 正直言って自転車の車重と車速じゃディスクブレーキは過剰ですよ。 とっさの時のパニックブレーキですっ飛ぶのがオチ。 ディスクブレーキがいいと言ってる連中は車重じゃなくて自重が120kgくらいあるんじゃないですかね。

2人がナイス!しています