遺産相続についてです。 YouTube等を参考に自力で登記申請等進めています。 法務局にも出向き、登記申請の準備は完了し、後は申請するだけです。

税金 | 法律相談50閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

土地の評価額は 固定資産税評価額≠相続税評価額なのはご存じですか? 200万円なんて簡単にひっくり返りますよ。 キチンと土地の相続税評価額を算出する事をおススメします。 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4602.htm

0

私、素人ながら税理士さん等の手を借りずに、相続申告済ませました。 質問者さんの場合は、 > 相続税発生には200万ほだ満たない状況 > 法務局にも出向き、登記申請の準備は完了し、後は申請する とあるので、 税務署は、法務局での名義変更情報入手するので、「相続申告お忘れではありませんか」の類のお尋ねが来る確率が高い。 その時の為に、相続申告書の原紙を入手して、実際に記入しておくでしょう。 ポイントは、 1.不動産の評価額をどのように求めたか、 -- 路線価、倍率法使ったか、私の場合、これで、相続税課税) 2.配偶者1.6億円非課税特例、小規模宅地特例だのは適用か、 , 相続時精算課税制度使用したか、 -- これらを使ったなら、正しく相続申告して、 -- 相続税ゼロの申告書のコピーに収受印貰って控えを保存してください。 その他、 3.葬儀費用は、遺産と相殺 4.3年以内の法定相続人への贈与は、相続に戻せ 5.生命保険は、別ページで非課税、課税の判定しておく、

0

控除額を超えなければ本当に何もしなくても良いか(納税の申告について) →控除範囲内であっても、所定期間内に申告だけはしておく必要がある。 申告のないまま、時間経過がすれば、税務署から照会状が郵送されてきて、回答を要求される。

0

相続税の対象は 遺産総額+亡くなる前3年以内の生前贈与+(死亡保険金-保険金控除)-相続税の基礎控除-負債-葬式代等 《相続時精算課税制度を利用している相続人がいる場合それも含む》 相続財産とは https://souzoku-pro.info/columns/isanbunkatsu/131/ 保険金控除は 500万円×法定相続人の人数 相続税の基礎控除は 3000万円+(600万円×法定相続人の人数) 土地の相続税評価額の計算方法 https://osd-souzoku.jp/tochihyouka 建物の相続税評価額の計算方法 https://osd-souzoku.jp/koteishisanzeihyoukagaku これらを計算して、まずは相続税対象の総額を求める。(ゼロ或いはマイナスなら相続税はかからない) プラスの場合、それを各相続人の遺産分割割合に分ける。 それぞれの金額に対する税率で個々の相続税を算出する。 相続税率 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4155.htm