炭酸飲料水が体に悪いといわれるようになった理由は何ですか? また、それは真実でしょうか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご説明内容には納得です。ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:7/24 7:43

その他の回答(2件)

0

糖分が過多だからですよ ボトルの表示に「糖質」または「炭水化物」○○gなどとあると思います。 あれはいわゆる砂糖または準じるものです。 糖質は体や頭を動かすのに大事な栄養素ですが、とり過ぎの習慣は血管を傷めてもろくして、血管が破裂しやすい体になるのです。動脈硬化というやつです。読んで字のごとく・・・・ また肥満体になりやすい栄養分でもあります。糖質は脂肪に代えられ体内に蓄積されるからです。 運動部などで、特に全国レベルのチームはとり過ぎによる選手の肥満や、動きの緩慢さにつながりかねないと、制限するところが多く出てます。 五輪のスポンサーに昔からなっていますが、本来ふさわしくないスポンサーと思います。(毎回五輪ではコカ・コーラが莫大なお金提供します。世界中でみんなが知ってるような起業じゃないと手を上げてくれないというのもあるでしょうけど)

追記 コカ・コーラは100mlあたり11,3gの砂糖ですね 1本500mlボトル飲めば56,5gの砂糖摂取です 砂糖56gをお家で測ってみてください。眼で見たらもう飲みたくない、と感じると思います。 私も1年に3回くらい飲みますよ。KFC食べる時はぜったにコークです笑

0

ただの炭酸水を飲むと苦くて飲めたもんじゃないですよね。(好む人もいますが) あれを甘くするために相当な糖分が入っており、中毒性も高いのだと思います。 勿論たまに飲む分には影響ありません。