カーボンニュートラルの和訳が脱炭素っていうのは正しいのでしょうか。 どう考えても違うと思いますけど

ベストアンサー

0

返信ありがとうございます。 ライセンスプレートとナンバープレートとかもいいと思います。 車のナンバー(ライセンス)が書かれたプレートという意味で、ほとんど人が同じものを想像すると思います。 でも脱炭素って聞いて、カーボンニュートラルを想像する人はまずいないと思います。環境省はこの2つを=で結んでいますが、個人的には理解できないですね。なんかこれってひと昔前の放射線=放射能に似ていると感じています。政府なんですから誤解を招く表現は使ってほしくないですね。

その他の回答(2件)

0

脱炭素はカーボンニュートラルの和訳ではありません。和訳は「炭素中立」では。 https://ja.wikipedia.org/wiki/カーボンニュートラル

それなら理解できます。 しかし環境省の脱炭素ポータルではカーボンニュートラル=脱炭素と記載されています。 ですから 「世間一般的にこの2つは同じ意味として使われているのですか、そして皆さんは違和感はありませんか。」 という意味の質問です。

0

→ 彼等?政府当局者?が考えてる内容がそういう風な意味なんだろうと推測できますね?でもですが、一体どういう風に直したい?と?思ってる?んでしょうかね?何ならいいのか?ですよ?ね?(同じじゃあありませんか?)

カーボンとニュートラル(CN)も、もはや日本語として使えるのでそのままCN型社会とかでいいのでは? 脱炭素社会だと普通に考えて炭素を使わない社会って意味になってしまいませんか。それだとCNの考え方と全然違います。 無理にCN=脱炭素にする理由が無いと思いますし、 もし=が成り立つのであれば私たちがこれまで使ってきた脱~の言葉の意味と全く異なる使い方になるので困惑する人も多いのでは?