回答受付が終了しました

ID非公開

2021/7/20 7:37

2525回答

小山田圭吾氏の問題について

10人が共感しています

回答(25件)

4

小山田も誌面の編集側も「当時の感覚」では おかしなことまで思っていないのですよ。 他の回答者さんも言っていますが、 小山田と同世代の私の時代には、 教師の体罰、、、いや、暴力は当たり前!! 忘れ物をしただけで、教師の端まで吹っ飛ぶほどに 教師が回し蹴りをする世の中だったのですよ。 イジメだってここまでのことの経験者や それを見て笑っていた連中がたくさんいました。 ですから、小山田批判をしている中に 「若い頃に自分を棚に上げて」という輩もいるはずです。 イジメ自殺だってハンパない数が全国で出ていました。 それぐらいに暴力的な世の中でした。 当時高校生ぐらいとのこと。 高校生ぐらいだと出身地域によっては まだイジメや教師の暴力も多かったはずです。 でも、その当時中学生ぐらいだった人達の頃から 急速に暴力的なことがなくなっていった記憶があります。 誌面は正直に、赤裸々に書いたといえますし、 当時の感覚ではおかしなことを書いているとはいえない 世の中だったのですよ。

4人がナイス!しています

2

いじめ紀行って特集。 イジメた側とイジメられた側を対談させようという企画。 クズにも程がある。

2人がナイス!しています

9

昭和の時代、小山田圭吾がやっていたイジメは普通に学校で行われていました。 学校は治外法権。教師は体罰を当たり前の様に日常的に行い、生徒に人権は無いんじゃないかと思うくらい余程の事が無い限り事件化される事はありませんでした。 そんな時代に守られていたからでしょうね。 当時、知る人とぞ知るアーティストと言った感じで売れてたから調子に乗ってベラベラ話したんでしょう。 当時、皆やってたし〜と言う感じで罪悪感なんて全くなかったと思います。 まさか何十年後かにその事が自分の首を絞める事になるとは夢にも思ってなかったでしょう。やった事は必ず自分に跳ね返ってくるのだと正直、胸がスッとしました。 小学生の頃、先生の話を聞いていないとビンタして来たり、写生大会で描くのが遅いと言うだけで私の絵にウンチの絵を描くなどの嫌がらせを繰り返し行なっていた担任に小山田圭吾みたいに社会的に叩かれろ!と今でも思っています。

9人がナイス!しています

0

平成の10年くらいまでは昭和の感覚が残っている時代でしたからね。 当時のワイドショーってご存じですか? 猟奇事件の現場でリポーターがここで遺体を切り刻んだんですね?なんて かなりエグイ、どぎつい演出をやってましたからね。 YouTubeで今も動画見れると思いますよ。 そういえば聖者の行進というドラマがありましたが… かなり見るに堪えない残虐なシーンが満載の障碍者虐待などが出てくるなど フォーカス、フライデーなんて悍ましい無残で残虐な事件、事故現場をスクープした写真週刊誌が迷走してた時代でもありましたから… 要は何でもありの時代でしたから。

4

ゆるい時代だったというだけで、編集側も悪ふざけに便乗して記事を書いてますね。そもそも音楽雑誌に書く内容では無いし、あの記事は当時としても異常です。但し外タレも含めて、ミュージシャンや俳優が面白おかしく過去の悪さ自慢する事は、エンタメとして成立していたし、海外ミュージシャンのインタビューともなると、学校でのいじめでは済まず、半殺しにした暴力沙汰やら婦女暴行やら違法ドラッグまで、即収監されそうなDQN自慢がはびこってましたからね。 ただ、四半世紀以上前に発行された、更に昔の真相不明の戯言に執拗にこだわり続けるのはどうかと思います。小山田圭吾が駄目なら、現役政治家も、実業家も、大物タレントも過去の動画出されたらNGでしょう。 こだわるポイントが、戦後70年以上経過しても独特の歴史認識にこだわり続けるかの国と共通のものを感じます。凶悪殺人犯の刑期以上に時間の経過した少年時代の事に執拗にこだわり過ぎでしょう

4人がナイス!しています