人類ってこの100年ちょいのあいだに 大きく進歩しましたが これはなぜですか? 紀元前~1500年くらいまで たいして差がないですよね。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

「進歩の足並みが揃った」ことが一番だと思います。 古代ギリシア時代には、考えは進んでいましたけど、実測をするために必要な「レンズ類」「時計など精密機器類」がなかった。実測の重要性があまり認識されなかった時代です。 その後は1000年間ほど、クソい²宗教が支配する時代になります。 爆薬や化学薬品などの化学が生まれましたが、戦争にしか使われなかった。相手を倒せるかという結果のみが求められた時代です。 近世になってようやく、これが噛み合います。宗教のクソいしがらみから離れ、理論には証明が必要、という時代になり、証明のための「物づくり」ができるようになりました。その結果、「単なる考え」が「実際には基礎である」ということが万人に知れ渡り、そこから夢を得た大勢の人間が科学に目覚めていきます。 100年ちょい、は目に見える範囲です。科学を知りたい、という動きはここ300年間のものだと思えます。

1

一番大きいのはエネルギーでしょうね 石炭から石油、原子力。 これらを使っての蒸気機関、内燃機関、電気。 これらで科学技術が驚異的進化したためです。

1人がナイス!しています

1

これはあくまで自分の想像です。 専門知識を学んだわけでも調べたわけでもなんでもない個人の妄想としてとらえてくださいね。 多分、そう遠くない未来に人間は滅ぶんだと思うんです。かつて恐竜が滅んだように。滅ぶことが決まっているから、瞬く間に進歩していくんじゃないですかね。生き急いでいるというか。 地球の長い歴史の中で、「かつて人類という種族がいた」と未来の生命体が授業で習い、わずか100年弱の間に瞬く進歩を遂げたとして、その100年の中で歴史的なことをかいつまんだテストが出て、未来の生命体は「人類うぜー、いろいろやりすぎ」「人類史覚えること多すぎてマジで無理」と頭を抱えながら勉強しているかもしれませんね。

1人がナイス!しています