新株予約権の有償と無償の違いについて。 新株予約権には有償の場合と無償の場合がありますが、 無償の場合(ストックオプション)はなぜ純資産に含まれるのですか?

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます。 何度か読んだのですがこの一文だけがよく分かりません。 >>権利行使のときは無償発行であり有償発行であれ権利行使価格×株数の資金移動が発生します。 なぜ無償発行なのに資金移動が発生するのですか?よく企業の役員や社員などが無償でストックオプションを行使するなどがありますが、これは社員たちはお金を企業に払い込んでいるということですか? この辺りをもう少し分かりやすく教えて下さるとありがたいです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

分かりやすい解説ありがとうございました。ようやく理解できました。

お礼日時:7/23 21:38

その他の回答(1件)

0

何か勘違いしてませんか 予約権はあくまで権利の付与ですよ 新株を買う優先権ですよ だから新株を受け取る場合は予約権の有償無償の どちらにしても行使価格のお金の支払いがあります ストックオプションの時でさえ行使価格があります 権利を行使すればその行使価格分の入金がありますよね お金の支払いが一切無いのは株式無償割当ですよ

下記のサイトを見ると、 https://www.soico.jp/free-stockoption/ 無償ストックオプションとは、役員・従業員に無償で付与されるストックオプションのことです。 何が無償なのかというと、「発行価額」が無償になっています。発行価額とは、ストックオプションの発行時に、付与される人が払い込むお金のことです。無償ストックオプションでは、この発行価額の払込が発生しません。(費用計上のため、発行価額(公正価値)の算定は行います) 「払い込みが発生しません」とはっきりと書かれています。払い込みが発生するのかしないのかどっちなのですか?どっちかが間違ったことを言っているということですよね。