ギター用のオーディオインターフェースについて

補足

現状、単体のオーディオインターフェースは所有しておらず、ZOOM G3をエフェクト無しでオーディオインターフェースとして使っているのですが、音作りはDAWのプラグインで済ましてしまっているのと、マルチが2011年発売でやや古く、内蔵エフェクトのプリセットをいじるソフトがアップデートされず、起動しないくらいなので単体のオーディオインターフェースを買うべきか迷っています。情報不足ですいません。

ギター、ベース | DTM31閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございます。 既にマルチエフェクター ZOOM G3を所有していたのですが、エフェクターを使用していなかったり、発売が2011年というのもありオーディオインターフェースの購入を検討しています。 質問文の情報が不足していてすいません。

その他の回答(4件)

0

G3ユーザなら、そのままGCE−3にスライドするのがいちばん自然では? G3に比べると圧倒的に低ノイズですし、プリセットの音色も強力になってます。 操作がGuitarLab経由のみ、ゲインボリュームすらGUIというとんでもない機材ですが、なんといっても前掛けだし、音を作り込んですぐ録音できる点が違います。 ただ、オーディオインターフェースとしての機能は貧弱なので、普段づかい(サンプラーやシンセの取り込みやボーカル録音)はふつうのものをつかえばいいんじゃないでしょうか。 EVOとか2i2のような音のいいオーディオインターフェースはたくさんありますので。

0

人の感覚それぞれでしょうけど、 >オーディオインターフェース内蔵のマルチエフェクター 全然使えないですね。 下の方のおっしゃるように、 そうね、「独特」って表現もあるんでしょうけど、 とにかく話にならないです。 5000円とかの最安値の専用機>マルチ ですね。 ところで、 >DAWのプラグイン(BIAS FX, BIAS AMPなど)で完結 既に試してOKの判断ですか? これはこれで遅延との闘いもあってイバラの道の気も。 気にならない人は気にならないんでしょうけどね。

遅延に関しては他のソフト等でPCに負担をかけすぎなければプラグインを使用してもほぼ遅延なくモニタリングできています。HELIX辺りの高価なハードウェアタイプのアンプシュミレーターは使用したことがないのですが、プラグインの方が操作性が高かったりいじれる部分が多いため、プラグインで音作りをしています。

0

マルチエフェクター内臓のIFはギター録音用として設計されてるので、音質云々の前にモニター環境が独特です。 マルチエフェクターでエフェクトをかけた音がdawで録音されますし、 ヘッドフォンアウトには、マルチエフェクターで処理したギターの音にPCの音がミックスされる形で出力されます と、いうことは dawで音作りするとなると、録るべき音はドライ音だけなので、それを録るには録音時にノンエフェクトで演奏しなくてはならなくなってしまいます。 たとえ、PC側でアンプシミュをかけてモニタリングしても、エフェクターの音とミックスされるので、ギターのクリーンの音とアンプシミュをかけた音がミックスされることになります。 HXstompとか、gt1000とか新しい高価格帯のマルチエフェクターであればドライ音を別に録音することも可能ですが、上げている低価格帯マルチではエフェクターを通した音しか録音できなかったはずです。 録音音質云々の前に、快適な演奏環境が作れないので、dawで音作りをするつもりならマルチエフェクターのオマケとしてのインターフェース機能は選択肢にならないものと思ったほうが良いです。

ご回答ありがとうございます。 現在、ZOOM G3を使っているのですが、マルチ内のエフェクトは1つも使わずにPCに音を出力しています。 ZOOM G3はDIRECTとDAWのバランスを設定でいじれるようになっています。(現状はマルチを手元から離れた場所に置いているのでDAWの音はPCに刺したヘッドホンから聞いていますが、、) マルチを買うかA/iを買うか迷っているような質問文になってしまったのですが、ZOOM G3をオーディオインターフェースの代わりに使うのをやめて、単体のオーディオインターフェースを買うべきかどうかという点で質問をさせて頂きました。情報不足ですいません。

0

こんにちは エフェクトに内臓のA/i と単体のA/i の音質比較、そもそも 音質の比較はむずかしい、カセットでRecしたのとCDレコーダーで したものは大体 比較できるけどね、数値的に視るなら スペクトルアナライザー なんかで視られたら。