消防の面接試験で「人助けをしたいって気持ちは大前提でありますが、公務員という安定した職に就きたいというのも一つの理由です。」と発言するのはあまり良くないですか?

公務員試験58閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

有難うございます。 自分の気持ちを思いっきりぶつけたいと思います。

お礼日時:7/26 22:01

その他の回答(4件)

1

ざっくり言うと、公務員の仕事内容って、利益の出にくいもので、かつ、生活になくてはならないものだから、潰れることはなく安定してるってだけです。面接でわざわざ言うことではないです。 やりたいことやって、生活するためにお金もらって働くんだから、そんな当たり前のことを言うよりかは、その自治体の消防吏員になって何がしたいか、自分の想いをぶつけた方がいいですね。

1人がナイス!しています

1

面接は採点項目や採点基準を明確化しても、どうしても面接官の意識・好みが入り込む余地があります。 そこで「安定」という理由を述べたときに、高く評価する面接官と、評価しない面接官の「どちらが多い可能性があるか」と考えますと、後者でしょう。 まして、その部分でしっかりと「職責を果たすことの意義や熱意」を伝えたライバルと比較したならば、その差は取り返しがつかないほど広がると思います。 てすから、よほど他の部分で魅力があるならば別ですが、そうでもなければ避けた方が良いでしょう。

1人がナイス!しています