ID非公開

2021/7/22 23:26

44回答

簿記2級の固定資産の除却損で直接法の時って減価償却累計額ってなくなるんですか?

簿記 | 資格42閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

減価償却の記帳方法として間接法を採用している場合は、毎期の償却額を減価償却累計額勘定に記帳するため、基本的に固定資産勘定(建物勘定、車両運搬具勘定 etc.)の残高は取得原価のまま残ることになりますが、直接法を採用している場合は減価償却累計額勘定は用いずに毎期の償却額を固定資産勘定から直接減額するような形で記帳していくため固定資産勘定の残高は帳簿価額(未償却残高)を表すことになります。 テキスト等を用いてもう一度直接法と間接法の違いを整理しておくのがいいと思います。

0

はい、そうです。直接法の場合、減価償却累計額勘定は使いません。 貸方の固定資産も、取得原価ではなく、取得原価から減価償却累計額を 控除した帳簿価額を計上します。

0

減価償却した金額を“直接”固定資産から引くから「直接法」っていうんですよ? 減価償却累計額って科目を使って“間接”的に引くから「間接法」っていうんですよ?