学校では、何かというとケプラーの法則、ケプラーの法則と狂ったように連呼しますが、次の法則の方が価値があるのにどうして教えないのですか? 惑星の基本法則 V^2×R=一定=k=GM

補足

①T^2/R^3=一定 ②V^2×R=一定 思考力のある人は両者が同じであることを直ちに理解できます。 V=2πR/T 2πを取っても関係性は変わらないので V^2×R=(R/T)^2×R=K ですから、ケプラーに物理的センスがあったなら、②式で表したでしょう。 ①T^2/R^3=一定 ・・・~これじゃあ、ちょっとね。 データを並べただけじゃんってね。 >データ→理論化 の内のデータがケプラーの法則。v^2Rとかは何も現実を表さないただの途中式でしか無いし、物理的思考とは真逆のもの。 ↑どうしてこういう言葉を投げつけられるか、不思議でなりません。 それにもし、 >データ→理論化 なら、ケプラーの法則がなければ万有引力に辿り着けないことになり、ガリレオ・ニュートン力学の矮小化につながります。 実際そういう現象が起きています。 万有引力に対する思考の無さが、学生に起きています。

物理学 | 天文、宇宙1,310閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

>ケプラーの法則に応用など鼻からありません これくらい強烈な言葉でなければ、ケプラー、ケプラーとうわ言のようにうなされている人たちには届かないでしょう? いや、それでも無理でしょう。 それほど教育というものは怖いものです。

お礼日時:7/29 19:50

その他の回答(2件)

1

ケプラーの法則は実際に惑星の動きを観測して見つけ出したものですが、V^2×Rは円運動の加速度の式で、何も観測しなくても、図形だけでわかるものです。 自然科学が厳密な実験や観測に基づいたものでなければならないことを考えれば、学校で何かというとケプラーの法則、ケプラーの法則と狂ったように連呼することもそれほど不思議なことではないと思います。

1人がナイス!しています

>学校で何かというとケプラーの法則、ケプラーの法則と狂ったように連呼することもそれほど不思議なことではない・・ いいえ、先の人にも書きましたが、ケプラー主義者が多いことが理由なだけです。 ニュートンはガリレオの力学とヒント(放物線落下)から万有引力に辿り着きました。 そのことを学校で習いますか? 習いませんよね? そのことがケプラー主義者が教育現場に多いことの証拠です。 >ケプラーの法則は実際に惑星の動きを観測して見つけ出したものですが、V^2×Rは円運動の加速度の式で、何も観測しなくても、図形だけでわかるものです。 違います。 私が理科年表のデータから見出したものです。 ガリレオの「世界系論議(地動説論議)」の一文 惑星の円の大きさと速度とには法則性がある、というヒントから発見したものです。 貴方も理科年表で確認してみてください。 やる気がないですか? やっぱり。 残念です。

3

万有引力の式はケプラーの法則から導かれるんだよなあ。 観測結果から法則を定式化する流れは物理学の基本で真髄なんだよ。 ティコブラーエが一生かけて取ったデータを弟子のケプラーが法則化して、それを後にニュートンが万有引力を定式化する際の根拠に使った。 データ→理論化 の内のデータがケプラーの法則。v^2Rとかは何も現実を表さないただの途中式でしか無いし、物理的思考とは真逆のもの。

3人がナイス!しています

>ティコブラーエが一生かけて取ったデータを弟子のケプラーが法則化して 頑強なティコが突然死しています。 その原因にケプラーの影がうろうろしています。 異常なほどティコのデータを手に入れようとしていたことが、その噂の原因です。 そしてついにティコのデータを盗んでしまったことでより疑惑が増してしまいました。 学校で習いませんでしたか? ケプラー主義者が多いことがそれから分かります。