ID非公開

2021/7/23 19:31

55回答

フィルムカメラとデジタル一眼レフカメラについて 子供の頃、祖母にはフィルムカメラで、叔父にはデジタル一眼レフカメラで写真を撮ってもらった事があります。

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

フイルムは劣化がひどして駄目ですデジタルはデーターが有ればいつまでもプリント出来ます。

0

子供の場合、大人でもそうだけど、打ち解けた人や大好きな人に撮ってもらう場合とそうで無い場合って表情が全然違うので、良い写真ってその人間関係が重要だったりする。フィルムとかデジタルとか関係ないですよ。

0

思考する際に、決定的に欠落してる要素は >子供の頃 の年齢差、同じ年齢で「祖母に、」「叔父に、」とあったのか? 貴方の年齢が違えば貴方の【自我】が違います。 また、「あなたと祖母」「あなたと叔父」の人間関係 それぞれの人物像に思う「あなたの印象」の違いが 貴方の感傷に干渉します。 その場合 >・祖母と叔父との雰囲気の違い(柔らかさと逞しさ) が近いでしょう。 フィルムカメラとデジタル一眼レフカメラ という前の段階で差がある事を 無理やりフィルム・デジタルの違いに結論付けようとしてはいけません。 幼少の頃の「撮られてる貴方」は そのカメラの違いに「大した差異は認識していなかった」 子供だったはずです。 祖母にはデジタル一眼レフカメラ、叔父にはフィルムカメラで、 と逆パターンであった場合を仮定してみるとどうなるか? を考えてみるのも面白いかも、ネ。

0

>祖母の写真は「思い出」 叔父の写真は「記録」という感じです。 これは、 ・フィルムカメラが小さい一方、デジタル一眼レフカメラが大きかった事の威圧感 ・祖母と叔父との雰囲気の違い(柔らかさと逞しさ) ・フィルムとデジタルの「味」の違い でしょうか。 すばらしい例えだと思います。!!! おばあちゃんの方が ゆったりのんびり 威圧感もなく・・・ 自然に撮影できたのですね。また ポートレートには フィルムの方が 雰囲気よいですし。