著作権法は文化の発展のためにあると学習したのですが、著作権があることにより何故文化の発展をもたらすのでしょうか?

政治、社会問題 | 法律相談20閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

著作権というのはコピーライトです。 レコードの発明によって 音楽などの芸術がコピーされることによって 生まれました。 現在の著作権は文化の発展のために存在するのではなく どちらかというと、単に経済的な利益のためにあります 著作権法は、主にアメリカのディズニー社のキャラクターを守るために延長を繰り返しており ビジネス上の要求による存在といえます。 巨額の製作費をかけた映画など 製作費の回収を保証することで 作り出されることができるものもあるとは思いますが これが文化の発展と直接結びついているかは微妙なところです。 なぜかというと 著作権の保護が過剰なことによって 文化の発展に最も重要な模倣ができない 過去の作品からの安易な引用がしにくい といった問題があり 発展よりも妨害する要素になっているのではないか ということが言われています。 YouTubeなどは 初期には著作権を完全に無視したような媒体として人気を集め インターネットには そのようなコピーコンテンツがあふれていますが こうしたことは 企業のビジネス上の利益を阻害しますが 文化の発展を阻害しているとは 思えません。

1人がナイス!しています

1

いい作品というのは真似をされる傾向がある。それを許可していたら、同じものがいくらでも、場合によっては元になった作品まで価値が下がる。 そういうのは禁止とするから、それぞれオリジナリティのある自分の物を作るようになる。 単純に言えばそうやって新しいものが文化の発展となる。

1人がナイス!しています