明治政府は韓国を植民地にしましたが、もし江戸幕府存続とはいきませんが、薩長が敗北して徳川慶喜が力を持った総裁政府が成立していたとしたら韓国には無関心でしたか。(朝鮮通信使は残っていたかもしれませんが)

日本史35閲覧

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

確かに、産業革命、帝国主義の嵐が吹き荒れ弱肉強食の時代でしたね。隣国がこのような状態では日本の国家運営は危機的になります。新政府や徳川を中心として総裁政府も近代化志向(そうしないと喰われる側に回る)ですから、どちらが力を持っても国際情勢を考えると結果は変わらないでしょう。秀逸な回答でした。

お礼日時:7/25 12:12

その他の回答(3件)

0

朝鮮半島にもフランス・アメリカ・イギリス・ロシアの関心が高まってました。 もしこの地が列強の手に落ちれば日本の安全保障が脅かされてしまいます。薩長でなくても無関心ではいられないでしょう。

1

明治政府は旧韓国を植民地にしたのではありません。 日本は旧韓国の保護指導に心血を注いでいましたが政情は安定せず、暴徒や蛮族などが各地に蜂起して蛮行をふるい、ハルピンで伊藤博文統監の暗殺が起こり、京城では李完用首相が襲撃されるなど事態は憂慮すべきものがありました。そこで日本政府は従来の保護政治を廃し日本と旧韓国の合邦によって統治の実をあげる外なしと決し、既に旧韓国皇帝も時局の動向を察し自ら統治権を護与するに至りました。ここにおいて旧韓国は朝鮮と改称され、朝鮮総監督府が設置され諸般の政務を総轄することになり明治四十三年(1910)八月二十二日、日韓併合条約が締結されました。

1人がナイス!しています

0

外国に借金しまくって近代化が遅れてお隣さんどころじゃないでしょうな。