ID非公開

2021/7/24 7:03

1313回答

子供の盗み癖についてご意見をください。 小学校1年生になる娘の盗み癖が酷いです。 幼稚園生の頃から家にあるお菓子を勝手に食べる事があり、小学生となり悪化していってる状態です。

4人が共感しています

ベストアンサー

9

9人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、様々なご意見ありがとうございました。 あれから先生と連絡をとり、お相手の家族の方に、連絡を取ってとりあえず謝罪させて頂き穏便に済ませました。繰り返す治らない盗み癖、外見では分からない病気もあるかもしれません。周りの警戒は、友だちの大切な物を何回も奪ってしまったので、親としての責任を持ちたいと思います。 親身になって頂き、皆様に感謝しております。 私の心の中では皆様ベストアンサーです。

お礼日時:7/26 17:58

その他の回答(12件)

1

ID非公開

2021/7/25 22:27

手癖が悪いというのではないのですが、子供の友達に、うちに来る度に物を欲しがる子がいます。 お母さんは専業主婦で、その子は複数いる兄弟の第一子です。 まず、ご主人が家事育児に関わらない。なので、奥様1人では手が足りていない。奥様は疲弊して、夫婦仲はよろしくない。また、そのご主人、子供に対して高圧的。すぐに手が出ます。 質問文にご主人が全く出てきませんが、娘さんの盗癖をどのようにお考えなのでしょう。 何か満たされないから、そういう行動が出るのでは。 本来なら真っ先に、夫婦一丸となって対応すべき事項のように思います。

1人がナイス!しています

2

子供が万引きしたりするのは親の気を引きたいからとかかもしれませんね。 大人でも人の気を引きたいから、お金があっても万引きしますし。 お母さんお父さん、忙しすぎませんか?

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/25 12:20

ご回答ありがとうございます。 ワンオペ専業主をしているので、忙しい方ではなく時間に余裕はあり子育てにゆとりはあります。 子どもを寂しい思いをさせたくないので、どんなことでも対応出来るように、学校からの帰宅も、ちゃんと毎日迎えるようにしているのにも関わらず、娘の盗み癖の理由に検討もつかなく、分からず悩んでしまいます。 娘も頻繁に盗む癖があるので、他所でしているんじゃないかと心配で参ってしまい、周りの子も親たちにも、やはりずっと見張られて警戒されるのにも納得がいきません。

6

相手にも問題はある!それは駄目です。 そこで「盗んでも仕方ない」というニュアンスが出ている事に驚きを感じました。 だからこそ「自慢ばかりされて悔しいと思う気持ち」と「盗癖」にキチンと線を引くのが解決なのではありませんか? これでは親子で「あの人たちには、気をつけないと」と距離を置かれてゆくと思います。 プロの手を借りて心を治すのがいいのでは?

6人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/26 17:46

ご回答ありがとうございます。 そうとまではないですが、結果的に自慢ばかり聞かされ、娘は楽しくなかったのは、娘だけに関わらず誰もが自慢ばかりされれば、何だかの恨みを買うと思います。お相手の家族もそのことを教育させなければなりませんよね。盗癖は、娘にも厳しく注意して二度とこのようなことのないように、今まで以上に親としての責任をしっかりと持ちたいと思います。親身になって頂きありがとうございました。 親身になって頂きありがとうございます。

4

どんな悪さしてもご飯食べさせないって違うでしょ‥。それは虐待。 娘さんが痩せていたら、学校や近隣の方から通報されてもおかしくないレベルなことを『普通!!』と思っているママさんですね‥。

4人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/26 17:48

ご回答ありがとうございました。 躾の一環で虐待ではないです。虐待に思う人は思うかもしれませんが、うちでは躾です。

2

まずはカウンセラーさんにお母さんの悩みを聞いてもらうのはよいかと思います。 また、お子さん本人がカウンセラーさんとお話してもらう時間をとると、親では聞き出せなかったことが聞かれるかもしれません。 学校のカウンセラーさんは、比較的すぐ予約が取れると思いますので、取り掛かりに使うとよいと思います。 (夏休みはカウンセラーは受けられないと思いますが) 並行して、医療も活用してはいかがでしょうか? ここまでくると、単純に言い聞かせてなんとかなる範囲ではないかなと思います。 本人の意識の下で何か起きてるのかもしれません。 幸い、お母様がちゃんと理解してくださっているし、お子さんをサポートしてると思うので、成長する過程できっと上手にクリアしていけるんじゃないかと思います。 まずは、適切に対応してくださる場所を探すことです。 一度医療を頼っても、お母様が「違うな」と思えば、別の場所の戸をたたいてみてください。

2人がナイス!しています