回答受付が終了しました

もし、ミッドウェー海戦において南雲機動艦隊を後方に置いて大和をミッドウェーに殴り込ませて島を砲撃で破壊、救援に駆けつけたスプルーアンスの機動艦隊の攻撃を吸収させながら、

画像

日本史 | ミリタリー842閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

回答(9件)

0

普通に島の航空隊、近隣の米潜水艦隊から攻撃を受けて戦艦隊と護衛している揚陸艦隊が壊滅して作戦中止になるのでは。島の航空隊だけで制圧できなくとも、援軍の空母部隊や潜水艦に通報はいくらでもできるしね 揚陸艦隊だけ空母と帯同させるには速度差がありすぎるし、単独で後方から向かわせれば米潜なり米空母部隊の攻撃に無防備でやはり失敗になる せめて空母部隊と戦艦部隊の距離をもっと近くに取るくらいが限界かな 戦訓いうても、対米戦で航空機および対空武装の重要性が戦訓と言える補と蓄積されてからミッドウェーまでわずか半年。兵装を大規模に更新できる余地はないです そもそも航空機や空母の生産力に劣る日本にとっては、機動部隊の運用は奇襲が中心にならざるを得ない。末期の戦力差がついた米軍のように、大軍でどっしり構えて防空戦闘陣形何重にもしいて迎え撃つとか、真正面から居場所を知らせるような戦術は消耗戦でじり貧になるだけ

0

高価なモノをそのような作戦に 使うなど…的な意見(雑に言えば、ありゃ見栄張って 買った高級車のようなもの。 外走って傷でもついたらどうする!な、やや本末転倒な 感じはするが、そういった側面はある。 床の間の飾り位と山本が言ったんだっけ?違ったっけ? 一撃轟沈、実力に大いに疑問はあるにせよ そういった願望さえ併せ持つ故、艦砲射撃だとぉ~ そんな意見に潰されるのがオチだろうというネタも 忘れて思考に付き合おう(前提長ぇ)。 無論、早々は沈まんだろう。 が、敵攻撃によって主要兵器があっけなく使えなくなる恐れは高い。 また、副砲は装甲比較的弱いのでうっかりそこに命中したら 位置も艦橋に近い為、命令系統にも大ダメージだ。 まぁそもそも一隻で行くワケではないから そこまで単純では無いだろうけど(¬з¬)。 それでも大きく戦闘力低下だな。 奇襲かぁ~…そもそも鈍足な戦艦が敵の意表をつけるだろうか? とある考察で、なぜあの戦いの後方とは言え出張ってきたのか? について、ミッドゥエー海戦は確実に勝てる。 で、その後艦砲射撃も含め…活躍の場を作ってやろう という戦力というよりパフォーマンス的な意味合いで 出撃させたのではないか?と、してる。 兵器というより、単なる象徴艦扱いだね。 が、地味にやられるより大胆な戦いをしてた方が 大和にとって幸せだったのではってな気も(戦艦に心は無いが。 でも企画、造った人々の想いは載せてっけど)。 しょっぽクン

0

大和や武蔵は「最新鋭艦」ですから、もったいない(^^) むしろ、扶桑・山城、伊勢・日向を囮に米機動部隊をおびき出すべきでしょう

0

大和を含む主力部隊は戦艦が7隻と駆逐艦、当時の日本駆逐艦は水雷仕様であり対空能力は極端に劣ります、ウエークの戦いではたった4機のF4Fにコテンパンにやられています。 戦艦部隊の速度は二十ノットちょい(時速約40㎞)、ミッドウェー島を砲撃出来る距離まで近づく間に基地航空隊から反復攻撃を受けますよ、爆弾を積める大型機(B17・PBY)だけでも40機以上です。 ミッドウェー島を破壊や米機動部隊の攻撃を吸収なんて、まさに「絵に描いた餅」だと思います。

0

さすがの大和でも基地を破壊、空襲に耐えられるかどうか。まだ三式弾は実用化されていないので。実際戦艦信濃には長10センチ砲が搭載されることになっていました。