三重県と奈良県に跨る名阪国道は高速道路(自動車専用道路)なのに、なぜ無料で走行できるのですか?

車、高速道路 | 観光地、行楽地127閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(6件)

1

無料になった経緯は他の方が書いているので実走した経験を書きます。 名阪国道は高速道路ではありえないほど急な坂・Ωカーブのような急カーブの連続・ボロボロの舗装があります。なのでもしも名阪国道を100km制限の高速道路にしたら死亡事故がものすごい数になります。80kmで走る車も多いですが、自分としては80kmでもかなり怖いです。もしも高速道路化するならそうした危険地帯も改修しないといけないので、NEXCO中日本にとっても利用者にとっても損かもしれません。

1人がナイス!しています

0

本当かどうか知らないけど、無料区間の建設予定の場所にはとある宗教の地主さんがたくさんいて売ってやる代わりに無料にしてくれって話聞いた 自分は噂程度とおもってる

0

準高速道路と言う特例で、 「高速道路に並行する自動車専用道路」となり、最高速度60キロと高速道路のようなハイスペックな道路仕様ではありません。 有料道路とする案はありましたが、地元住民に無料道路とすることを明言してしまっていたため猛反発にあい現在のようなスタイルとなっています。

1

高速自動車国道ではなく一般道の自動車専用道路です。故に法定最高速度は60km/hになりますので、速度標識が無いから法定速度100km/hだと判断してはいけません。無料で通行できる自動車専用道路は沢山ありますよ。 自動車専用道路=高速自動車国道では有りません。

1人がナイス!しています

たしかに私の地元(栃木県)にも、無料で走れる自動車専用道路が2路線存在しますね。 1つ目は、宇都宮市の上戸祭インターチェンジから東北自動車道・日光宇都宮道路の宇都宮インターチェンジまでを結ぶ「宇都宮北道路」 2つ目は、真岡市の真岡I.C南交差点と宇都宮市の清原工業団地交差点までを結び、北関東自動車道の真岡インターチェンジとも接続する「鬼怒テクノ通り」 ですね。

0

名阪国道ができた頃は、自動車専用道路の償却が終われば無料にするのが政府の方針でした。その頃に無料区間になった道路は今でも無料です。 その後、方針が変わり、償却が終わっても料金を徴収し、新しい道路を造る財源にすることになりました。 西名阪道路の松原ー天理間は、後からできたので、今でも有料です。