京都は難しい街だと思いませんか?? 僕は島根県出身で、京都の旧家に婿養子に入って2年経ちました。 義母からこんな事を言われた事があります。 「京都では人様の家に行った時にお茶を勧められた時は

補足

沢山のご回答有難う御座いました。 ②が正解です。 ②は「コーヒーを飲んで頂こうと思っているのですが、 コーヒーで宜しいですね。」とコーヒーを入れる前提で お話をしています、 ①③⓸は相手にコーヒーを飲む意志を確認しています。 無論、相手が断るだろうと思っての会話なんですが・・・ それじゃ何故、相手に聞くのだろうか????、 京都だから・・・

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

> それじゃ何故、相手に聞くのだろうか???? 社交辞令。 日時の約束のない「今度食事にでも行きましょう」と同じ。 でも、その社交辞令の内容で、自分が相手にとって、どれくらい重要なのか分かります。 京都で訪問客を迎えるってことは、お客様用のお菓子や飲み物を準備して、長引くことが予想できるなら仕出し弁当や外食の予約を取ります。でないと失礼。 訪問客側は、準備をさせてはいけないってことで、「ついでに寄っただけから、何も気を遣わないでくれ」という形を取ります。重要な用件だったとしても。 「コーヒー=お客様用の飲み物」なので、そんなに気を遣って貰ったらあかん、ということで訪問客は断る。 一方、迎える側は、お客様用の飲み物を用意するほど、あなたの訪問は嬉しいという意思を示す。 ・・・という、お約束の遣り取り(社交辞令)が成立します。 コーヒーが特別な高級品だった昭和の話。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく書いて頂き有難う御座いました。 京都に暮らして2年、京都という待ちが解って来ました。

お礼日時:7/30 18:11

その他の回答(13件)

0

京都人の叔母は「3度言われたら呑んでOK」と言ってます。でも大概は飲み物を勧める本意は「喉が乾く前に早く帰ってくれ」の意味。京都では他人の家の敷居は、有事でも無い限りまたがないのが得策。京都人は因習から他人を信用しないので、地元民同士の友人知人の間柄でもなるべく外で会う様に努めると聞きます。

0

②でしょうね。 ②だけが、何か飲んで貰う事が前提であり、他は「飲むか否か」を問うていますから… でも実際は、こんなまわりくどい言い回しをする京都人なんて、殆ど居ません。 京都の中心地で、呉服や和装小物の商売をしている家が、商売相手に対するやり方でしょう。 サラリーマン家庭や、市内でも西陣以外の家では、こんな事はやりませんね。笑 ただ、親しくても家の中に人をあげたがらない人は多い。 京都の家は狭く、家の中が生活用品でごちゃついている家も多い。 見栄っ張りが多い土地柄なので、家の中を見せたがらない人も多いです。(^_^;)

0

①コーヒー飲みはりますか? → おおきに すんまへん そんな気を遣わんといておくれやす。 ②コーヒーで宜しい?? →おおきに すんまへん ほな甘えさせてもらいます。 ③そんな急がんでも、コーヒーでも一杯あがっておいきやす。 →おおきに すんまへん 今日は急いでますので おいとまします。 すんまへん ⓸喉乾きましたね、コーひーでもどないどす。 →おおきに すんまへん いえ大丈夫です。 ②番やったら甘えてもエエかな?

0

京都の旧家、大変ですね。 京都って聞いただけで ①②③④全部ダメかと思ってしまいました。