なんで「噓つきは泥棒のはじまり」ということわざがあるのですか? 根も葉もないことではないのですか?

ヒト | 心理学14閲覧

その他の回答(3件)

0

まさか「噓つきは泥棒のはじまり」を、「本当にウソをつく人間は泥棒になる」って意味だとご理解されたんでしょうか。 「二階から目薬」に、「そんなことする奴はいねえよ!」ってツッコむのとおなじで、字句通りに受け取ればおかしいじゃん!ってネタにする児戯の類のシャレ質問、あるいは釣りネタ質問ですよね。これって? 子供に「悪いことすると、お巡りさんが来るよ!」っていうのとおなじですが、まあ、世の中は広いから「いたずらしたくらいで警察官が子供を逮捕しに来るわけないだろ!」って言い出す人がいないとは限らないですがねえ(苦笑

0

泥棒は、悪いことであり犯罪ですから、嘘をつく ことは、犯罪行為につながりかねないってことを 言っているのでは? 嘘をつくことはよくないという戒めですね。

1

嘘をつくとは利己的で自分勝手な行為であるからです。 嘘をつくと、それは深層心理に刻み込まれ、 自身の欲をコントロールしずらくなり、横暴になりやすくなります。 自分自身に対して甘くなっていくのです。 そして適度な言い訳を自身に投げかけ、 スーパーなどで100円くらいのお菓子パクってもええやろ・・・ となり、 100円も200円も変わらねえか・・・ となり、エスカレートしていくのが泥棒の始まりです。 もちろん、嘘にも相手を想ってのいい嘘もあります。 これはコントロール出来ている状態なので前者あとは全く別のものです。

1人がナイス!しています