梅里士夫人本来打算老死中国,没想到,1927年3月24日,国军第六军攻克南京袭击英、美领事馆,劫掠外国传教士财产,有六位传教士被杀,其中包括金陵大学副校长文怀恩,史称“南京事件”。

中国語 | 中国史8閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

助かりました、誠に有難うございます。

お礼日時:7/26 9:42

その他の回答(1件)

1

ミルズ夫人は本来中国に骨を埋めるつもりであったが、思わぬことに、1927年3月24日に国民党第六軍が南京を攻略して英、米領事館の襲撃があり、外国宣教師の財産を掠奪し、金陵大学副校長文懐恩(Dr. John Elias Williams]を含む6名の宣教師が殺され、史上「南京事件」と呼ばれている。この事件は5000名のプロテスタントの宣教師を中国から退転させ、布教活動は基本的に中断し、あらゆる地方の教会は閉門され、信者の流出状況は空前の厳しさであった。この時、ミルズ夫人はちょうど南京へ自ら友を訪ねていて、白髪交じりの彼女はこの変事を目の当たりにして、すぐさまアメリカへ帰り、二年後、シカゴで亡くなった。享年76歳である。

1人がナイス!しています