分籍について

役所、手続き25閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:7/31 19:16

その他の回答(1件)

0

① 戸籍の筆頭者でもその配偶者でもない者は、成年に達した後なら、「分籍届」をだすことにより、 同じ民法上の氏で本人を筆頭者とする新戸籍を作ることができます。新本籍は日本国内に地番(または街区符号)があれば、どこにでもおくことができます。 また、分籍後も戸籍の筆頭者(婚姻後は配偶者と連名で)が「転籍届」をだすことにより本籍(戸籍の所在地)を変えることもできます。 ② ただし、一旦分籍して父母の戸籍から除籍されると、二度と民法上の氏が同じ父母の戸籍に戻ることができなくなります。 分籍届により自己の意思で筆頭者になったこと、父母と民法上の氏は同じであること、父母など血族との親族関係や扶養関係・相続関係は分籍しても変わらないことが理由です。 ✳️また、未婚の人が分籍して戸籍の筆頭者になっていると、婚姻や離婚歴があるのではと、要らぬ誤解を招くことがあります。 したがって、未婚の方にはあまり分籍はおすすめできません。 ③ 市区町村を越えて本籍を異動させる「分籍届」をだすには、現在の本籍地市区町村にて取得した戸籍謄本一通を添付(法定添付書類)して、分籍届書一通を分籍する人の署名押印して届出してください。 届出先の市区町村は、現在の本籍地・分籍後の本籍地・届出人の住所地いずれか一つの市区町村にはに届出してください。 ✳️分籍先の市区町村に分籍届を出した場合は、分籍後の戸籍謄本が取得になるまで約1週間かかります。他の市区町村に届出した場合は約2週間かかります。 また、住所地の市区町村に分籍届を出した場合は、住民票の本籍及び筆頭者氏名は開庁時間内なら当日(閉庁時間なら翌開庁日)に変更されます。それ以外なら住民票の記載変更まで約1週間かかります。