祖父から孫への遺産相続について教えてください。

税金 | 不動産74閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

追記です。 不動産だけを相続すると、相続税の支払いに困ることもありますから、相続税額に見合う現金(預貯金)も合わせて相続できるよう、遺言書に書いてもらうことも大切です。 また、登記をしないと自分の物になりませんから、登記費用も必要です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さまもありがとうございました。

お礼日時:7/26 21:35

その他の回答(4件)

0

相続税の対象は 総財産+亡くなる前3年以内の生前贈与+(死亡保険金-保険金控除)-相続税の基礎控除-負債-葬式代等 【相続時精算課税制度を利用している相続人がいればそれも含む】 相続財産とは http://www.souzoku-mado.jp/28.9.8 相続税の基礎控除 3000万+(600万×法定相続人の人数) 保険金控除 500万×法定相続人の人数 土地の相続税評価額の計算方法 https://osd-souzoku.jp/tochihyouka 建物の相続税評価額の計算方法 https://osd-souzoku.jp/koteishisanzeihyoukagaku これらを計算し、ゼロ或いはマイナスなら相続税はかかりません。 プラスの場合は各相続人の遺産分割割合で分け、それぞれの金額に対する税率で個々の相続税を算出する。 相続税率 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4155.htm 孫は法定相続人ではないので『遺贈』となり、相続税に更に2割加算する。

0

相続人等が納める相続税額は ①、遺産の総額から基礎控除額を控除する。 ②、①の控除後の金額を法定相続人が法定相続分に応じて取得したものと仮定して税率を適用し、相続税額の総額を算出する。 ③、相続税の総額をそれぞれの相続人や受遺者が貰った財産の比率で応分に負担額を計算する。 ④、あなたの場合はおそらく2割加算対象者なので、③で計算した相続税額を1.2倍した金額が納付すべき相続税額となる。 大雑把に説明するとこんな計算をします。(わかります?)

0

その土地、家屋の所有者宛てに税金が来るので、その所有者が税金の支払い者になります。

おじいさんからもらった質問者さんの名義になった土地、家屋に対して質問者さんが税金を支払います。 法定相続人(母と叔父)も同じで、お母さんと叔父さんのご自身の名義になった土地、家屋に対して税金を支払います。

0

遺言書が優先されます。 あなたはもらった分の相続税だけ払ったらいいと思いますが。 おじいさんに相談してみれば? 遺言書に、その分の相続税も祖父が払う…みたいなことを書いてもらえばいいですね。

素早い回答ありがとうございます。 私が譲り受ける分だけなのですね。 それなら多分非課税対象だと思うので(価値3000万以下)相続税はかからない感じですかね… 今はもう祖父も高齢で話してもよく分かってない感じでしてとても困ってました;;