ID非公開

2021/7/26 23:14

33回答

おめでとうございました、って日本語は正しいのですか?

日本語76閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

リンク参考になりました! 言葉としてはおかしくないけど、あえて「ありがとうございました」を全国放送のアナウンサーが使うことにメリットはない…という感じなんですかね。

お礼日時:8/2 9:34

その他の回答(2件)

0

..祝福の意を表す「おめでとうございました」は、祝福すべきことがらを過去のことのように表現することになり、現在の祝福の気持ちを表すのには不自然な表現です。「おめでとうございます」というのが適切な表現だと思います。 ..試合終了後のインタビューでの「優勝“おめでとうございました”」や、結婚披露宴の祝辞での「本日は“おめでとうございました”」は、不自然に感じられます。 ..祝福の場合、普通は祝福すべきことがらは過去のものではありません。決勝戦の直後に祝意を述べる場合、優勝が決まった瞬間はもちろんですが、まだ優勝の状態は続いています。 ..披露宴の祝辞の場合も同様で、「ご両家の皆さま、本日は“おめでとうございました”」というと、めでたい状態がすでに過去のことであるのかと違和感を与えます。 感謝や謝罪の場合は、少し異なります。 ..感謝の場合の「ありがとうございます」「ありがとうございました」、 ..謝罪の場合の「すみません」「すみませんでした」 については、“長さや繰り返しのことば”を添えて使い分けができ、不自然さは感じません。 ..例:「“先日は”ありがとうございました」「“この間”はすみませんでした」 「ありがとうございました」、「すみませんでした」は、“過去のことがら”や“まもなく完了しようとすることがら”に対して、今も感謝の気持ち、謝罪の気持ちを持っていることを表すものです。 ..しかし、感謝や謝罪の気持ちが過去のものだといっているのではなく、<長さや繰り返しのことば>を添えて、現在もその気持ちが続いていることを表すことができます。 ・今日で閉店する場合⇒「永年のご愛顧ありがとうございました」 ...............................「毎度ごひいきにあずかりありがとうございました」 ・今後も続く場合......⇒「永年のご愛顧ありがとうございます」 ................................「毎度ごひいきにあずかりありがとうございます」 ・まもなく終点の場合⇒「長らくのご乗車ありがとうございました」 「ございました」は、“過去のことがら”や“まもなく完了しようとすることがら”に対する感謝、「ございます」は、“今後に続くことがら”に対する感謝の気持ちを表します。 ……北原保雄・編著『問題な日本語-その④』大修館書店より要約引用