SHIMANOのspdサンダルについて質問です。

補足

回答ありがとうございます! たしかに情報が不足していましたので補足します。 1.自転車の使用用途 自転車は運動不足解消と楽しいから乗っています 2.なぜビンディングか ・新体験が好きです ・スニーカーで踏んだ際、力が逃げる感覚を解消したいです 3.なぜ2つ穴か ・spdサンダルの通気性に惹かれました ・3つ穴は信号待ちで足を着くだけでも削れていくと聞いてビビっています ・踏み面の広いペダルであれば、三つ穴のように面で踏めると思ったからです 既にいただいたご回答で1部は解決しています! 補足へのご指摘ご回答もよろしくお願いします!

ベストアンサー

0

2穴と3穴の選択基準は歩くかどうか(コンビニや食事での休憩程度は歩くに入りません)にかかってます。もし質問者さんの自転車がロードで3穴のように踏みたいと思ってるなら3穴にすれば良いと思いますよ。信号待ちで削れるなんて別に気にするようなレベルではないです。そもそもクリートは消耗品ですし、タイヤも削りながら走ってるわけです。踏み面の広さと力が逃げるかどうかはほとんど関係ありません。シューズ次第です。2穴でできるだけダイレクトにしたいならクロカンシューズと小さいペダルの組み合わせの方がいいです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ご回答ありがとうございます! サンダルはやめておきます!

お礼日時:7/29 21:39

その他の回答(2件)

0

おぉ、サンダルタイプのSPD復活するんか、これは知らんかった 感想もなにもねーわ、あれは単にSPDペダルを付けているチャリの用途を広げるだけ 「チャリ乗るたびにペダル付け替えるとかやってられんからシューズ側をサンダルにしたらええやん、そしたらSPDペダルを付けているチャリがもっと手軽に使えるやろ」て話 ビンディングの効率とかデビューユーザーにどうとかそんなのは一切関係無い、チカラが逃げるとかソールが柔いだけやから登山靴でも履けば一瞬で解決する

0

ビンディングシューズに何を求めるかによって違うと思いますよ。 SPDシューズをいろいろと6足持っています。 書かれたサンダルタイプはどうみても底面など柔らかです。私も底の柔らかな歩き重視のシューズを持っていますが、真剣に走ろうとしたら全く話になりません。靴底が柔らかすぎて力が逃げてしまいます。またシューズの締め付け具合も大事で、しっかり足を締め付け出来ないシューズだと引き足が有効に使えません。書かれたサンダルタイプはどうみても締め付けどうこうを言えるような作りになっていません。 正直この商品の存在意義って何なんだろうと思いますが、おそらくSPDシューズに慣れている人が気楽に乗る時に固定でないと落ち着かないって場合に限って意味を持つ商品だと思います。 そういう意味ではこれからビンディングを始める人にとっては変な癖を覚えてしまうような気がするのであまりおすすめできません。

経験上だと踏み面はあまり関係ありません。クリートでシューズの踏み込む深さが決まってしまうので、シューズの裏面の凹凸の型(シューズによって深さ等が違う)とビンディングの面の型がぴったり合わないと踏み面の広さが有効になりません。それより大事なのは靴底の硬さです。その点からスニーカーで力が逃げるのを解消したいのであればほとんど解決しない物です。むしろ悪化するような気がします。