シルビアS15のオーバーフェンダーをつけようと思っているのですが、後ろのアーチ上げは、鉄板を切ったあと溶接は必ず行った方がいいですかね?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

少しバカにしてくるような言い方をしてくる人がいる中、予算等を踏まえた丁寧なご説明ありがとうございます。 とても参考になったので溶接して綺麗に乗りたいと思います。 ありがとうございます。

お礼日時:7/28 22:08

その他の回答(4件)

0

そこはモノコックの一部だから溶接しないと著しく剛性落ちますよ。 車検もそのままではNGになります。 リセール考えないなら良いんですけど車の価値が著しく下がるので私ならボディは切りません。

0

オーバーフェンダーは付けたい。 アーチもあげたい。 けれどお金はかけたくない。 という時点で、もう半ば諦めたほうがよいです。 ラジコンカーやおもちゃのクルマではありませんから。 モノコックの溶接部分や合わせ目を切断しっぱなしのシルビアは、もはやクルマではなく不燃ゴミとなりますし、公道走行した時点で違法改造車輌=検挙対象です。 違法改造にならないよう、公認申請をして審査、検査をうける必要がありますが、それにも費用は掛かりますし、車検も取り直すことになります。 結局、溶接代金をケチろうなどという資金状態では、最初からムリなんです。 あっさり諦めるか、しっかり貯金するかの2択ですね。

0

回答になってないですが・・・そこはコストを抑えるトコロではないです。 「フロア廻りのパネル」と「ルーフ廻りのパネル」が合わさる場所がフェンダーアーチです。そこを取り払うんですから・・・適当に処置したら剛性を保てないのはもちろん、最悪は車体がバラバラになっちゃいます。