あなたにとっての”拾い名曲”をぜひ教えてください!【洋楽限定2曲まで】 .

画像

洋楽 | シニアライフ、シルバーライフ1,224閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

6

6人がナイス!しています

こんにちは、ご回答どうもありがとうございます!”拾い”の原点であり究極でもあるもの・・・それは”あの頃”のTVかもしれないですね!ご紹介くださった動画と音質がまたすごくよくて、思いは翼に乗ってイッキにあの頃へ!・・・(笑) 家具調wの大型テレビが居間に鎮座して、押しも押されぬ娯楽の王様だった頃、洋画やアメリカのTVドラマの主題曲はもう拾っても拾ってもキリがないほどで、私は「刑事コロンボ」や「大草原の小さな家」などでしょうか・・・CMの使用曲などからもずいぶん音楽耳年増wになった気がします。 それにつけても♪荒野の七人、ほんとイイ曲ですね!素晴らしい曲と素晴らしいエピソードをありがとうございます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

受付終了の本日夕刻に当方のクローズが難しく、今回こそ本当に名残惜しいのですが前倒しで閉幕させていただきます。拾い&儲け物の名曲というのは誰しもあるのか、1,000超の閲覧を賜りまして、誇らしいなどというより、こういう数値は水増し等の工作可能とも聞き及ぶ中、何にも恥じぬ素の数値としてご支持を有難く思うばかりです。 23名様からのご回答もありがとうございました!BAはパワフルな1曲突破のpak_様へ!

お礼日時:8/4 8:32

その他の回答(22件)

2

こんばんは。1つだけ見かけたスレは終了間近で、あげたい人が故人ばかりなので見送ってしまいました。 ”拾い名曲” とはこれまたナイスな着想ですね!Sシリーズともリンク可能だと思います。私の回答は・・・もっと何気ない曲を出すほうが良いのだろうなと思いつつ、どっちも後で知って仰天の名曲です(笑) Steely Dan - Do It Again https://www.youtube.com/watch?v=aQnW-MxAU6U 学生時代、旅先の札幌の喫茶店で聴きました。近くの席の大人の男の人が俯いて目を閉じて聴き入っていたのを覚えています。同じ時、チックコリアのReturn to Foreverがかかっていたので(これは叔母のレコードで知っていた)この曲もジャズなんだろうと、当時ロック少女だった自分は何気に聴き流していました。だけどそれからどこかで耳にするたび、しだいに曲名が気になって仕方なく・・ 初めてジャケを見た時は何かの間違いかと思いましたね。だ、ださい・・・ディスコ音楽だったのか!?と(^▽^;) 思えば、ドナルドフェイゲンは Nightflyを出してた後のことです。まさか、全然結びつきませんでした(笑) James Brown - It's A Man's Man's Man's World https://www.youtube.com/watch?v=zQ4Va15uJ2U こっちは主に有線だと思います。最初出だしだけ聴いてめちゃめちゃソウルフルだなと胸打たれ、何を歌ってるんだろう、ドラマチックだから映画音楽かしらと思ったり。ゲロッパ!のおじさんに辿り着くには長い月日がかかりました(笑) というのは紛らわしい理由もあって、ある日、偶然にテレビのラーク(煙草)のCMで見たんです。あ、あの曲だ!と思ったら画面にDr. Johnて名前が。だからなおさら、JBがオリジナルとは思わず混乱の歴史が続いたのでした。 ↓このCMカッコ良かったです~♪ 懐かしいコピー「言葉より語るもの」 (前にふわこさんのスレに貼ったことあります) https://www.youtube.com/watch?v=BorwQtM8CRQ Dr. JohnのVer.は今でも手に入るなら欲しいけど、CMのために録音したカバーでCD化はされてないみたいです。日本にお金があった時代の話ですね。。

2人がナイス!しています

おはようございます、いつもご回答ありがとうございます!たぶんここ数回のことでしょうが、存在感のある方のご欠席wは、やはりQ主としても意識しない訳はなく・・・たしかに敬愛アーティストのお題は「ご存命か故人かを問わない」とすればご回答くださった方はもっと多かったかもしれないですね。いずれにせよご不在が気になった/(大袈裟めに申せば)空疎さという一撃をくれたwのですが、お元気そうで安心しました!そして月曜の朝一番をこうしてannさんへの返信で始められる仕合せに乾杯…もとい感謝です! コンセプトをお褒めいただいて嬉しいです。夏休み等の時期とも重なったのも一因かもですが、お蔭様で閲覧数も私の洋楽お題では記録になるのかもしれません。因みにオールジャンルでいくと、坂本冬美さんの『ブッダのように~』という曲についての質問のビュー数で2,200弱というのが現状わたくし史上最高数だと思います(笑) 【つづき】

2

私事ながらここ数日野暮用で拘束時間が 長く睡眠時間も不規則で腰を据えての 回答がままならない状態だったのが週末は さすがに暇も出来たが時すでに遅し(>_<) 出遅れたし私にとっての”拾い名曲”も知恵袋 では惜しげもなく過去回答に張ってきたつもり なので新鮮味のある回答も出来なさそう… というわけでこのご質問は見なかったことにして スルーしようかとも思ったがそれも悔しいので(笑) 一応それなりの回答をさせていただきます<(_ _)> 「そもそもどこで聴いてきたのか、どこで覚えたのか」 もよく覚えていない…というのは年齢を重ねると 大抵の曲はいやでもそうなります(笑)すべての曲が そうなるかも…それまで長生きできるかな(*´з`) まあ私の場合幼少の砌に名曲を”拾う”シチュエーションは 洋画のテーマや劇伴音楽はTVでの放送が主だったと思う。 昔はテレビ局は一本の名画の放送権を得るのに何本かの B級映画を抱き合わせで買わされたこともあって今では 夕方の時間帯は情報番組でなければTVドラマの 再放送がメインだが昔は結構映画を放送していたし、 深夜帯も映画は多かった。玉成混交…というよりは 砂利道みたいだったが(≧◇≦)流行歌は深夜ラジオの リクエスト番組が全盛で、あとエレクトーンを弾いて いたので曲集を買ってきて有名な曲も楽譜を読んで 自分で弾いて初めてちゃんと聴いた…というのもある。 演奏の参考にレコードを買ったり、気に入った曲の レコードを買ったりエアチェックでカセットに録音して それから弾きやすいようにテキトーにアレンジして 譜面に起こして演奏したり…というのもあったが。 私が過去回答に何度も張った「さらば夏の日」は 質問の模範解答に張ってあるし~(T_T)/~~~ フランシス・レイとバート・バカラックは 先に取っちゃだめよ~(笑) https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14209979414 というわけでこれも過去回答に何度も張った 持ちネタの一つだが洋画のテーマ曲 Herb Alpert & The Tijuana Brass - Casino Royale https://www.youtube.com/watch?v=SSEmKXzpQMQ もう1曲もハーブ・アルパートとティファナ・ブラスで 統一。日本でも大ヒットしたが、この曲はシングル盤を 買って採譜してエレクトーンで弾いたよ~(≧◇≦) もちろんサビはトレモロ掛けてね~(^_-)-☆ Herb Alpert & The Tijuana Brass - The Maltese Melody https://www.youtube.com/watch?v=JuBUTc3UtfE 原曲はベルト・ケンプフェルトだそうだがこちらの バージョンは聴いた記憶がない\(-o-)/ https://www.youtube.com/watch?v=F935SoLxarM

画像

2人がナイス!しています

おはようございます、いつもご回答ありがとうございます!ご多用だった由、お疲れさまでした。そんななかでのご回答に、当方は嬉しさ倍増です!それにしてもFLの♪さらば夏の日が一致とは、奇遇にしてご同慶の至り?wでもあります、ついでにBBもスタンダードな名曲の宝庫ですね・・・(Fragile Relayerこと、という驚愕の事実!これなども一種の拾いと申せましょう) >名曲を”拾う”シチュエーションは洋画のテーマや劇伴音楽はTVでの放送が主だった けだし同感です!ほんとうにB級やC級のオンエアは枚挙に暇がないほどで・・・個人的には広義のドラマのほかに、SF/オカルト/ホラー、青春系w、お色気コメディなどが殊に好きで、深夜、ながら勉強の大切な友でもありましたねぇ(笑) ついでに申せば地方在住でもありましたので?、旧作上映の映画館も「3本立て」などという嬉しい劇場がありました!【つづき】

1

1曲目は、Manhattan Transfer Wanted「Dead or Alive」 https://www.youtube.com/watch?v=RJAhorrkF1c 当時、貸レコード屋からアルバムを借りてきて、 その中の1曲でした。アルバム中1番好きな曲なのですが、 あとでマイティ・スパロウという人のカバー曲だと知ります。 カリプソなどカリビアン・ミュージックを聴く切欠となった 思い出の拾い曲です。 2曲目は、Phyllis Nelson 「I Like You」 https://www.youtube.com/watch?v=5I0ML2KAcIA 大学当時、六本木のディスコでユーロビートに混ざって 繰り返し流れていました。でも、80年代のヒット曲特集など では、まず取り上げられることのない不思議な曲です。 踊りの現場で拾った思い出の曲です。 懐かしの12インチシングルバージョンです。

1人がナイス!しています

おはようございます、いつもご回答ありがとうございます!さすが!ここまで数々の拾いエピが登場しましたが、まだまだ新機軸wが・・・貸レコード屋、真面目に涙が出そうなほど懐かしいです!昭和の当時、中には頑固な反対派もいたかもですが結局多くの音楽ファンがお世話になった業態wでした。アルバム1枚借りるのがボウリング1ゲームと同じくらいの?w料金だったような記憶がありますが、その手軽さゆえにアーティスト自体、アルバム丸ごと、あるいは本来目当てだった以外の収録曲・・・と拾いもの/見っけもののバリエーションがありました!ただただ懐かしい! ♪指名手配 生死は不問、でしょうか、初聴ですがマンハッタン・トランスファーの一流の余裕とサービス精神を感じる1曲です。そもそもこのカリビアン訛り?は完コピですか、おそらくは?もっとフュージョン料理のようにも出来た筈で、それもお手のものでしょうに、結果、【つづき】

2

少年 夢然 https://youtu.be/LGzDEu7Sh5g 知恵袋の質問に少年に関する曲のリクエストがあり、検索したらこの曲に出会いました。

2人がナイス!しています

こんばんは、いつもご回答ありがとうございます!たしかに、動画サイトはいまや広義の拾いの場であり、さらにその検索のキッカケとなっているのが、我らがw知恵袋だったりするわけですよね・・・知恵袋万歳!(笑) 真面目な話、正直申せば、YouTub●やAmazo●などが、「そんな貴方にだからこの作品をおすすめ」などと毎度推してくることに軽い苛立ちwを覚えた日々もありましたが、実際の利用頻度はともかく、それが当たり前のことになり、時には思いがけない貴重な情報を得られることもあるように感じます!

2

abcdさん、今晩は。 2曲ともフランスの曲になりました。 Daniele Vidal - Les Champs-Élysées (オー・シャンゼリゼ) https://youtu.be/rK_v4iNQFV8 最初に聴いた「オー・シャンゼリゼ」は日本語ヴァージョンでした。初めて好きになった洋楽かもしれません。数年前に、原曲が「Waterloo Road」というイギリスのポップスであることを知り、驚きました。 Richard Clayderman - Ping Pong Sous Les Arbres (恋はピンポン) https://youtu.be/0MyltaxGFxU 「恋はピンポン」は、私が子供の頃によくスーパーで流れていて、面白い曲なのでずっと気になっていました。大人になってから、リチャード・クレイダーマンの曲だと判明し、こちらもビックリしました。

2人がナイス!しています

kagyuさん、おはようございます(になってしまってスミマセン)、いつもご回答ありがとうございます!今回はまた意外性のある、そして味わいのあるご回答内容、大いに堪能いたしました! ♪オー・シャンゼリゼ、こういった舶来楽曲も「あるある」ですね。意味を理解するよりも前に、子供の耳に脳にヤツらは侵入してくる!(笑)、とくに当時、「フランス産には気をつけろ」だった気がします・・・私だけかもですが、タイトルの意味が解らない、ただ語感がいいので、きっと意味はなくてそういうことかと子供心に結論付けていました(笑) しかしこの曲がイギリス産だったとは、私は今朝教えていただきました! ♪恋はピンポン、こちらがクレイダーマンさんの作というのもこうして今知りました。鍵盤の貴公子などいう呼び名がありませんでしたっけ?意識の深層に訴えてついで買いを促進させそうなw曲ですね。ピンポンという響きにも魂胆を感じます(笑)