土地の境界線について、法務局で公図の14条地図を取寄せ、現地と確認しているのですがわかりません。住宅地図も田舎なので1/3000の縮図で大まかすぎです。

土地 | 不動産190閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

法務局備付の14条地図とは、復元性のある地図です。 〇印は、各々の土地を測量したときの基準点です。 法務局備付の14条地図が新しければ、現地にも存在するでしょう。 ただし14条地図の境界復元は、土地家屋調査士に相談するのが良いとおもいます。

0

14条地図は座標値がありますし、⭕は測量の基準点です。 ですから土地家屋調査士また測量士に頼めば測量して境界が分かります。 本来14条地図が作製されたら測量も不要になります。 法務局に相談すれば座標値をもらえると思います。 自分で計算してもいいでしょう ちなみに土地家屋調査士が境界の専門家と宣伝されていますが、本来は測量士が専門家です

ていねいなご回答ありがとうございます。 ○印に縦棒が入ってました。 すみません。これはなんでしょうか? 座標地もインターネットで郵送してもらえるのでしょうか?

0

①、法務局の登記係にある地図(公図)がS:1/500で大規模開発地や 宅地造成分譲地、国土調査済地などは現地と相違は少ないです。 S:1/600では明治20年代のもので現状とは合わないのが普通です。 ②、地図(公図)の道路に丸印は通常は存在しない。登記係から土地 登記簿謄本を取得すると乙欄に国土調査成果による地積更正とある 者は、現状宅地とは近いです。正確なのは道路と宅地周囲との地権 者から土地家屋調査士事務所が作成の「筆界や境界線確定図」にこ の図に相違ないとコン杭を打ち署名と捺印があるものとなります。 他には境界線確定訴訟の成果確定図面や筆界特定制度の成果図です。

0

三角スケールなどで大体公図から目安をつけてスコップであたりをつければ杭が意外と出てきますからそれをしてみるとよいですね。深く埋まっていたりしますから、あとは道路面があれば役所の道路台帳なども参考にはなりますね。よほどのことがない限り杭は必ずありますから見てみるとよいですね。