ID非公開

2021/7/30 4:53

22回答

顕正会の信者の方々は、定期的に大石寺へ参詣されておられるのでしょうか?

宗教109閲覧

ベストアンサー

1

ID非公開

2021/7/30 15:04

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/31 8:20

顕正会の信者の中には2通りあって、 ・日蓮上人を末法の本仏という信心を持った信者 ・教団としての顕正会の教えを鵜呑みにしている信者 前者は、大石寺への登山を大切にして、実際に登山しているわけですね。それに対して後者は、教団の言われるままに、正式名称が冨士大石寺顕正会で、大石寺の戒壇板本尊が信仰の根幹にもかかわらず、大石寺には行かないということですね。 わかりやすい説明だと感じました。

その他の回答(1件)

0

顕正会の会員は、大石寺に参詣は出来ません。 宗門から破門されている事もありますし、浅井昭衛会長からも行ってはダメ!とされているからです。 浅井昭衛会長は、大石寺に行って、お金を払って、本門の大御本尊を拝啓をする、御開扉は不敬なものとしているので、会員は大石寺には行けませんね。 でも、顕正会と言うのを偽って、御開扉を受けた人はいるようです。 顕正新聞をその記事がのっていたような気がします。 もちろん、その記事は、御開扉は良くない事とか、大石寺の僧侶は堕落していて、信心がないとか何とかと書いてあったような気がします。 そう言う事をする人は稀で、顕正会の会員は、大石寺には行きませんね。

ID非公開

質問者2021/7/30 6:53

正式名称が冨士大石寺顕正会ですし、大石寺の戒壇板本尊が信仰の根幹というのは今も変わらないようですので、「信心の拠り所は大石寺」ということになると思いますが、そうではないのでしょうか? 大石寺から参詣禁止というのは、破門のような状態ですから理解出来るのですが、顕正会としては今も、信心の拠り所は大石寺なのに、顕正会が大石寺への参詣を禁止しているのは何故ですか? 大石寺への参詣を禁止しているのでしたら、別の本尊を独自に持って、参詣出来るようにするのが、信者への誠意ではないかと思うのですが如何でしょうか? よろしくお願いします。