定年退職について質問です。再雇用を拒否した場合退職理由が自己都合扱いとなり失業保険は給付制限がかかってしまうのでしょうか。

退職136閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:7/31 16:03

その他の回答(3件)

0

そもそも質問の前提がおかしいです。 >再雇用を拒否した場合 再雇用を選択する義務なんてありませんから 「拒否」もクソもありません。 再雇用を選択しなくても給付制限なんて ありません。

0

定年退職の場合は、何年も前から退職日がわかっていて、退職後の生活設計や転職活動が計画的にできるという観点から、離職理由は『自己都合』となります。 一般的に離職理由が「自己都合」退職の場合は、2ヶ月の給付制限が付きますが、定年退職は自身の都合による退職ではないため、自己都合退職に適用される2ヶ月の給付制限がありません。

0

定年退職は、自己都合でも会社都合でもない「契約満了と同じ」の位置づけです。 失業給付上は、「給付制限の適用を受けない自己都合扱い」となります。これは再雇用を拒否して失業する経緯の場合も同じです… https://www.gourmetcaree.jp/contents/west/qa/labor/215.html ※60歳以降65歳未満での定年制度で退職する場合、事業所は「本人が希望する」場合に再雇用あるいは雇用継続を図らねばならないことになっており、「拒否」は事業所側が再雇用による就業続行を強く要請した場合に限られます。その場合の拒否でも給付制限は付きませんが、たいていの職場は定年直前に打診をしてくるだけで、再雇用を強く要請することはあまりないのでご安心を…