ID非公開

2021/7/30 14:59

77回答

海外の就職や日本の外資は新卒という概念がなくて中途採用で即戦力(経験)で採用する傾向にあるそうですがそれなら大卒とかフリーターとかはきちんと実務経験がない訳ですがどうやって採用するかどうか基準にして採用

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

アメリカでも中小企業はそれほど実務経験重視しません。ですから多くの人は初めそういう所で経験を積み実力つけてからもっと上を目指すという感じです。

1

日本にある外資だったら、新卒という概念がある。 そもそも、新卒一括採用・終身雇用の概念って、IBMが元です。

1人がナイス!しています

0

大学在学中から長期休暇の時にインターンをしています。 専攻と職務が繋がっていることが普通ですから各学生学んでいることを使って実務も学ぶということですかね。 大抵1-2カ月ほどのインターンですね、専攻によってはコースの中に組まれている場合もあります。 また、大学に入る前に1年間ギャップイヤーを取って何か経験してから入学したり、在学中に休学する学生もいます。 とりあえず日本の学生よりも自由に行動していますね、年齢も仕事を経験してから大学に入る人も多いし・・・ 「18歳で大学に行かないと・・・」といった観念は低いです。 浪人感覚も少ないし・・・ 大学を卒業したら仕事をしなければならないことは分かり切っていますのでそのための準備は在学中にしている学生は多いです。

0

ID非公開

2021/7/30 15:17

例えば私の娘は合衆国の州立大学のJuniorでフルタイムの法科志望ですが、1年生のころはホテルのフロントで働き、今は法律事務所で働いています。 彼女の同級生も働いていないほうが少ないらしく、多くはインターンシップとかパートタイムで将来の進路に関係する仕事をしているようです。 私のハイテク勤務先でも定期的にインターンを採用しています。

ID非公開

2021/7/31 13:31

あ、「新卒」と言う言葉はありますよ。「A new grad.」 無いのは一年の一定時期に頭数合わせで学校ブランドで採用する「新卒一括定期採用」と言う雇用文化です。 仰るとおり、空き・新規ポジションが生じたときに必要な人材を翌日から業務をこなせる期待で採用しますから。