ID非公開

2021/7/31 0:55

33回答

コード分析を助けてください。

作詞、作曲 | ギター、ベース160閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/31 16:01

なるほど!参考になります。m(_ _)m

その他の回答(2件)

1

ID非公開

2021/7/31 15:54

ごめんなさい。 他のカテゴリーマスターのお二人のような知識的陣ではないですけど、 ギターで弾いた際の話とこの曲を聞いた観点から話をさせてもらいます。 結局これはコードのハーモニーの中の音半音ずつ下げていく手法でジャズでもよくつか使われています。 実音でいいますね。 C#のA♭(5の音)→C#♭5のG(♭5の音)→G#△7のG(△7の音) BのF#(5の音)→B♭5のF(♭5の音)→F#△7のF(△7の音) AのE(5の音)→A♭5のE♭(♭5)→E△7のE♭(△7の音) なぜ♭5がこんなに出てくるかといえば曲調で音程が下っていってる雰囲気を差しているのがこの音になるからです。 1分35秒くらいの音が下って行く感じはこの構成音だからです。 A♭→G→G→F#→F→F→E→E♭→E♭ 以上参考になれば幸いです^^!

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/31 16:03

いえいえ。 とても参考になります。ありがとうございます!

1

事情あって音源はまだ聴いてませんので、一般論的な回答になります。 >これは転調し続けている状態なのでしょうか? そうですね。「Ⅳ→Ⅳ(♭5)→Ⅰmaj7」が長2度下転調して行く反復進行ですね。 Ⅳ(♭5)は便宜的な表記で、実態は「Ⅶm7(♭5)/Ⅳ」の3度省略だと思います。 するとコード機能は「S→D代理→T」と解されますね。 最初の進行は普通「D♭ D♭(♭5) A♭maj7」と表記するのですが、全音下転調していく関係から「C♯ C♯ (♭5 ) G♯maj7」と表記した方が分かりやすいですね。 >にしてもなぜフラットフィフスがこんなにも出てくるのでしょうか? 真正の反復進行(ディグリーネームにすると同じになる進行を全音下転調という規則性で繰り返すパターン)だからです。 -------------------- ※誤記を訂正しておきました。 誤:D♭maj7 ↓ 正:A♭maj7

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/31 15:57

回答ありがとうございます。参考になりました!