東海道線の品川-川崎って川崎-横浜よりもカーブが少なく、かなり直線なのに最高速度が110kmに据え置かれているのってどんな事情があるんですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

実際は100Km/hで走っています。 一度加速したらあとは流している感じですね。 で、90km制限を超えたらまた少し加速するぐらいの感じです。 昔、横須賀線と東海道線の混雑に大きな差が出てしまい、 皆、戸塚で横須賀線から東海道に乗り換えるという現象がありました。 ttp://www.db.shibaura-it.ac.jp/~iwakura/ronbun/gakkai/200209-nenko_takahira.pdf この論文では、所要時間に大した差が無いと書かれていますが、 よく見ると9時台は4分差があります。 4分違えば乗り換えます。 横須賀線の新橋・東京は地下ホームだし。 で、東海道線の速度を少し落として 品川~横浜を18分後半にしたというのが 現在の姿です。 昔は110km/h 出していたのですが。 なお、これよりも早くすると 踏切に無理が来ます。この区間、踏切事故が多いのに 更にひどくなる可能性がある訳です。

1

信号が110km/hに対応していることと、速度を上げても列車密度が高いので、到達時間の向上につながらないからです。

1人がナイス!しています