ID非公開

2021/7/31 16:43

44回答

日本文学について

文学、古典 | 読書132閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

2人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

当時はテストのために点数を取りたかっただけなので私は内容に関しては無頓着でしたが、改めて内容について振り返ると男性・人間不信になる内容が多いことに気づきました・・・ 著作権とかのコンプライアンス等の問題もあるので仕方はないと思いますが どうせなら、もう少し今の時代の人間が共感できる話のほうが読んでてためになると思うんですよね

お礼日時:8/1 4:58

その他の回答(3件)

0

こんばんは。現大学生です。 同意しかないです。文豪作品のどれもが暗い終わりのものばかりで、ハッピーエンド好きにはなかなか堪えます…笑 今となってはハピエン作品もよく目にしますが、文豪作品や古典文学に悲恋ものや後味の悪い作品が多かったのは、当時の日本に明るい未来を見る人が多い時代であったからこそ、暗い終わりのお話が流行っていたのではないかと考えています。もしくは評価する側が前向きなものを拒んでいたのか。いくらでも推測はできますが、結局は現代とは何か違う文化・風習が存在していたのかと思います。

ID非公開

質問者2021/8/1 4:45

ありがとうございます 高校時代に勉強していた際はテストの点数のために人物の気持ちのポイント等を読み、先生の解説を聞いて、テストに備えるだけだったので内容的には特に興味がなく、淡々と読んでいましたが 振り返ってみると、現代とは違う文化や価値観にあるとは言え 現代人からすると鬱展開のストーリーが多く時代錯誤な部分が多いと感じたので共感して頂き安心しました

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

1

武者小路実篤の友情は、陰キャのキモオタ話、田山花袋の蒲団もキモオタのフェチの変態話。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/8/1 4:30

当時の時代背景もあるのでしょうが現代人の視点から見ると なかなかキツいというかセンスを問われる作品が多いですよね笑

1

現代の感覚で考えちゃうと、お話にならないですよ。 その時代の空気も想像しながら読みます。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/31 18:07

ご回答ありがとうございます 文学的には当時の時代背景や作者さんの伝えたかった意図を組んで読むのが適切なんでしょうね ふと、現代の感覚でそれらの文学作品をとらえると、なかなかパンチのある作品が多いと感じたのでご意見を聞いてみましいた 私は文学には疎いのですが、現代の感覚考えるとパンチの強い作品があれば教えて頂きたいです