写真のフォトコンテストで、80回位入選、入賞している知人がいます。 これは凄いですか。 二科展とかJPSとか県展も経験がある様です。 殆どは雑誌の月例フォトコンテストでとったらしいですが。

デジタル一眼レフ | フィルムカメラ278閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

1

入選したこともない私にとっては、凄いを通り越して80回 位は雲の上の天文学的数字。ただ、下手な私が嫉妬に狂って 言う訳ではないないのですが、「憎たらしいほど上手い写真。 でも、この上手さから抜け出すのに作者は相当苦労するだろう」 とか、「稚拙な写真。しかし、この稚拙さが妙にリアリティーを 生んでいるのも確か」など、20代の頃、読んだアサカメ・コンテスト の選評が、この年になってもなお、頭にこびり付いている。 ・「はっきり言って下手です。でも、下手も絵の内です」 ・「ん、この絵、どこの小学生が描いたの?」 だから入選しない下手者同士諸君!写真にも色んな見方がある。 「下手は下手なりにガンバロー。エイ・エイ・オー!」 なんか雄叫びより遠吠えみたい・・・

1人がナイス!しています

1

うん、十分凄い方ですよ. >この人に教えて貰おうと思います。 上手く薫陶を受ける事ができるかどうかは、相手の教えるスキルがどの程 度なのかと、教えを受ける側の受容スキルの問題ですね.

1人がナイス!しています

1

凄いです。 わたしの知り合いにもいわゆるフォトコン荒らしがいますが、 さすがに80回は多いと思います。 ただ入選するにはそのフォトコンの過去の入賞作品 及び審査員の経歴や好みの傾向と分析が最も重要だそうで、 わたしの撮影スタイルとはなかなか相容れませんでした。 目的が同じフォトコンでの入選を目指すなら その人に教えを請うのは良いことだと思います。

1人がナイス!しています

2

たいしたものです、その人の作品を気に入っていて教えてくれるなら習った方が良いですね。 入選連発の人でも、その作品が自分の好みでなければ教わる気にはなりませんが、それでもあなたが基本から教わりたいなら教われば良いです。 極端な話、いくら有名でもアラーキーに写真を教わりたいとは思わない(好きじゃないので)のでそういう回答になってますw

2人がナイス!しています