スポ根の巨匠・梶原一騎氏はあらゆる格闘技やスポーツを題材とした大家ですが、なぜ剣道を題材とした作品を描かなかったのでしょうか?

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:8/2 12:17

その他の回答(3件)

0

まあ、簡単に言うと、剣道が地味だからでしょう。あれは、やった人にしか解りませんので。 どうしても解説が多くなりますしね。 単に、梶原氏には合わなかっただけとも言えます。 剣道が五輪種目にならないのは、競技ルールが特殊な上に、一部の国(ほとんど日本)でしか行われていないせいでしょう。 特に、「勝った側が勝利をアピール(誇示)してはいけない」(やったら無効試合)というのは、外国人には絶対に無理ですw テコンドーや空手は、名称は違いますが、世界中の色んな国に似た競技があるので、問題無く行われると思います。

0

オリンピック候補になるほど競技人口がありません。 某半島の国の国技のようにオリンピックにお布施すればオリンピックの種目に慣れるかも 個人的には某国の国技よりは剣道の方が競技人口多そうなきはするが。