任意自動車保険で質問です。相手が金払いの悪い保険会社、保証の薄い保険にしか加入していなくて賠償が7割しか出ない場合は残りの3割加害者に直接請求できるのでしょうか?

画像

自動車保険79閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

判例に基づいてとなれば裁判場は不要になります。AIが発達しいずれ無くなると言われてますが 判決に裁判官の裁量で無罪や死刑が決まるのですから、自動車事故も同じです見方を変えれば加害者が更に悪いと見えたりします様々な事故原因があり判例だけで両者納得出来ない事もあるでしょう。判例だけで解決するなら弁護士も必要無いし、敏腕弁護士と言われるランクの人もいないでしょう 保険会社の査定員の言いなりは可笑しいです

お礼日時:9/17 12:15

その他の回答(2件)

1

○ 相手が金払いの悪い保険会社、保証の薄い保険にしか加入していなくて賠償が7割しか出ない場合は残りの3割加害者に直接請求できるのでしょうか? ☆金払いの悪い保険会社はありません。 *本来なら過失割合も賠償金額も? 被害者・加害者双方が納得するには裁判で賠償額を決定します。 しかし、裁判には時間も労力も必要ですから、保険会社は過去の判例に基づいて賠償額を提示します。 *加害者が任意保険に加入していれば、ほとんどの契約は対人対物賠償無制限で加入していますから、賠償金が足りない事はまずありません。 a.仮に被害者の損害金額が1億円で、7.000万円しか受け取れない場合は、被害者に30%の過失があるケースです。 b.被害者が1億円の損害と思っても,判決が賠償金7.000万円なら、当然3.000万円を請求する事は出来ません。 ☆3.000万円泣き寝入りするのが嫌な場合は? *自身の保険でカバーします。 a.の場合は自身で人身傷害保険に加入していれば自身の保険から3.000万円受け取れます。 ○ 事故した被害者に話を聞くと賠償金が40万円しか出なかった・・・と何も行動、交渉せず納得して受け入れしている人が多いですが、加害者が被害者に満足できる保険しか入ってないのに保険会社を攻めても出る筈がありません。 *40万円しか出なかったのは、過去の判例に基づいた賠償額が40万円だったからで、裁判しても交渉しても賠償金は40万円程度だからです。

1人がナイス!しています

保険会社の査定って保険会社に有利な方に割合が決まるのではないですか? 保険会社は収入を多く、支払いを少なくして儲ける・・基本任意保険に入らない大手運送屋。佐川急便が1億円の賠償を山口組を使って7000万円に値切って被害者家族に脅して現金を目の前で積み納得させる。と同じではないですか? 山口組を反抗して裁判までする人は殆どいないと思います。 ほとんどが保険会社のゆうがままの割合が多いです。裁判まで行かず弁護士を使って交渉し過失割合が良くなるってこれって話し合いで変動するっておかしくないですか?  裁判って判例を基準に弁護士は変動させる口頭技術者。判例だけで動かない基準とは限らないのでは?

0

いやいや出来ないでしょ。過失割合が出てるんだし、そのための 任意保険加入だからね。

相手が3000万円の保険しか入ってないのに5000万円の損害が発生した場合。 保険会社って被害者の感情を見て穏便にハンコをついてもらう為に多少の色を付けてると聞きます。本来出ない車内に有った損傷した釣り道具とか全額賠償とか。。普通2年経過した釣竿なんてゴミなのに。 過失割合も勝手に分が悪く査定もできるんじゃないですか?